ホザキノミミカキグサとキクモ

このページではホザキノミミカキグサとキクモの花動画を掲載しています

FC2


 ホザキノミミカキグサは貧栄養湿地に生えるタヌキモ科の食虫植物です。小さくて軟弱な植物で目立ちませんが、よく見ると花は面白い形をしています。


ホザキノミミカキグサ

ホザキノミミカキグサ(2017年9月 産地は非公開)


 ミミカキグサの仲間は花後の果実が「耳掻き」に似ていますが、ホザキノミミカキグサの果実は球形で「耳掻き」に似ていません。

 動画は山間部にある湧水が流れる湿地に生育するホザキノミミカキグサを撮ったものです。



ホザキノミミカキグサ(2017年9月 産地は非公開)


 動画の再生時間は1分25秒です。


 次はキクモです。8月から9月にかけての映像で、水中で生育するものも撮っています。花は9月から11月頃まで見られます。



キクモ(2017年9月 南丹市および亀岡市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 動画の再生時間は1分44秒です。

 キクモは水田での生育が最も適した抽水植物だと思いますが、水中葉が美しく、アクアリウムやビオトープなどにも広く利用されています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ムラサキミミカキグサ

このページでは野草のムラサキミミカキグサの画像と動画を掲載しています。

カート


 ムラサキミミカキグサはタヌキモ科の食虫植物で、貧栄養湿地に生え、捕虫嚢で地中のプランクトンなどを捕まえて栄養源としています。京都府内には本種のほか、ミミカキグサとホザキノミミカキグサが自生していますが、本種は特に減少が著しく、京都府絶滅寸前種に指定されています。


ムラサキミミカキグサの花

ムラサキミミカキグサ(2017年9月 産地は非公開)


 ミミカキグサと本種は花後の果実が「耳掻き」に似ているのでこのような名前が付けられたようです。ムラサキミミカキグサの花は、淡藍紫色をしていて、拡大して観察すると味わい深い花だと思います。

 動画は、花の盛期を迎えたムラサキミミカキグサを撮っています。とても小さな植物なので絵も小さく、おまけに湿地では三脚を立ててもグラグラと揺れてしまいましたが、何とか自生の様子や雰囲気は伝えられるのではないかと思います。



動画・ムラサキミミカキグサ(2017年9月 産地は非公開)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 動画の再生時間は1分11秒です。

 ムラサキミミカキグサのような希少種が生育する湿地は、いつまでも残ってほしいものです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ナンバンギセルとミヤマウズラ

このページではナンバンギセルとミヤマウズラの花動画を掲載しています。

FC2


 8月29日にナンバンギセル、そして今日ミヤマウズラの動画をアップロードしました。共に今が開花時期で、人知れず自生地でひっそりと咲くこれらの花をご覧下さい。



ナンバンギセル(2017年8月 亀岡市)


 動画の再生時間は52秒です。

 ナンバンギセルは主にススキなどのイネ科植物に寄生していることが多く、ここでは年中湿り気のある湿原のススキの根元に多く生育していました。

 次はミヤマウズラです。



ミヤマウズラ(2017年8月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 動画の再生時間は56秒です。

 ミヤマウズラはラン科植物の中では比較的花期の遅い小さな多年草です。半日陰の山の斜面などに生え、時に群生していることもあります。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク