スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美山かやぶきの里 雪灯廊2018

このページでは美山かやぶきの里で開催された雪灯廊の様子を紹介しています。

カート


 南丹市美山町のかやぶきの里で今年も開催された「雪灯廊」を見学してきました。期間は1月27日から2月3日までで連日観光客で賑わいますが、年々その数は増えているように思います。訪ねた日も、多くの観光バスでやって来る団体客が目立ちました。特に中国語圏からの人たちが大勢だったように感じます。


雪灯廊

夕暮れ時(2018年1月)


 集落の前の田んぼで、バケツを使って雪灯籠を作る観光客。思い思いの形に作りロウソクに火を点すと、立派な雪灯籠の出来上がりです。



雪灯廊2018(2018年1月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



 あたりが暗くなると、集落内の雪上に置かれた花灯籠の明かりが浮かび上がり、茅葺き屋根の民家もライトアップされて、まるで村全体が幽玄の世界と化したように感じられました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

ヒメオドリコソウとシシラン

このページでは最近アップロードしたヒメオドリコソウとシシランの動画を掲載しています。

カート


 今はこの冬一番の寒波が来ているようで、庭の池には厚い氷が張り、植物を育てている植木鉢の土は霜柱でこんもりと膨らんでいます。そんな中でも陽が射すと、道端や田の畦を歩けばナズナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザやヒメオドリコソウなどの野草の花と出会うようになりました。



ヒメオドリコソウ(2018年1月 南丹市)


 ヒメオドリコソウは帰化植物ですが、本格的な春が来るまでは野に咲く貴重な花に思えます。


 シシランは山地の岩壁や、稀に樹幹などに生育する常緑のシダで、口丹波地域には比較的多く自生しています。小さな個体はノキシノブに似ていますが、葉は生長すると50㌢近くにもなります。


シシラン

シシラン(2018年1月 京丹波町)


 このように群生していることの多いシダで、見応えがあるので、出会うとちょっと嬉しくなります。



シシラン(2018年1月 京丹波町)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 シシランは半日陰を好み、岩場ではフジシダ、カミガモシダ、ヒメサジランやコウヤコケシノブなどと一緒に生育していることがよくあります。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

天照皇大神社

このページでは京都府亀岡市に鎮座する天照皇大神社の動画を掲載しています。

FC2


 今年の正月、2日だったか3日だったか忘れましたが、家のテレビで鬼平犯科帳の古い時代劇を見ていた時に、記憶にある神社の境内が画面に出ました。すぐにそれが亀岡市にある天照皇大(てんしょうこうだい)神社の参道と拝殿周辺だと判り、久し振りに神社を訪ねたくなりました。

 そこで正月飾りが片付いたあと、最近たまに神社巡りをするようになったという近所の方を誘って、先日二人で訪ねてきました。



天照皇大神社(2018年1月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ



 神社は集落の奥の山腹にあり、長い参道や境内では照明用の電線が地下に這わされ、時代劇の映画やドラマのロケ地としては最適のように思えました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

清和天皇社

このページでは嵯峨水尾に鎮座する清和天皇社の動画を掲載しています

FC2


 清和天皇社は「柚子の里」として有名な京都市右京区嵯峨水尾の氏神です。清和天皇は山紫水明の当地をこよなく愛し、遺言により死後は当地に埋葬されました。神社とは水尾川を挟んで対岸の清和山中腹に清和天皇陵があり、参道や周辺は住民によって大切に護持されています。清和天皇を産土神とする以前の水尾は四所神社を信仰していたそうですが、現在は摂社として、清和天皇社の隣に祀られています。



清和天皇社(2017年12月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



 神社は愛宕山南麓の斜面に鎮座し、鬱蒼とした森に囲まれ、静寂で身が引き締まるような神域です。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

ヒトツバとオオカサゴケ

このページでは最近アップロードしたシダ植物のヒトツバと蘚類のオオカサゴケの動画を掲載しています。

FC2


 ヒトツバはウラボシ科ヒトツバ属の葉が単葉のシダ植物で、口丹波地域では市街地近郊の岩上や樹幹に生育しているところをよく見かける多年草です。


ヒトツバ

ヒトツバ(2017年12月 亀岡市)


 画像と下の動画のヒトツバは渓流そばの岩壁に群生していたものです。



ヒトツバ(2017年12月 亀岡市)



 オオカサゴケは長く匍匐茎をのばして、まばらに地上茎を出すコケ植物で、山地の湿った腐植土の上でよく見かけます。常緑で、多雪地帯でも元気に生育しています。


オオカサゴケ

オオカサゴケ(2017年12月 京丹波町)


 初めてこのコケを見た時は種子植物と勘違いをしました。それほどコケらしくないコケで、しかも美蘚です。



オオカサゴケ(2017年12月 京丹波町)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 オオカサゴケはその美しさから盗採されることが多いようで、京都府では準絶滅危惧種に指定されています。しかし今のところは結構広範囲で見つけることができ、数も少なくないと思います。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。