神事「氷朔日祭」 ~幡日佐・氷室両神社~

このページでは京都府南丹市八木町氷所に鎮座する幡日佐・氷室両神社で営まれた「氷朔日祭」を掲載しています。

カート


 八木町氷所(ひどころ)地区に鎮座する延喜式内・幡日佐神社に合祀されている氷室神社の神事「氷朔日(こおりついたち)祭」は、毎年7月1日(旧暦の6月1日頃)に営まれ、「氷室祭」とも呼ばれています。

 氷室とは、冬場に作った氷を夏まで貯蔵する室のことで、現在の氷所地区内にはありません。もともとは氷所地区の北に位置し、やや標高の高い現在の神吉地区にあり、当時の氷所村が管理していたようです。この氷室は謡曲「氷室」の舞台となったと言われています。

 旧氷所村は丹波国池辺郡氷所の郷と呼ばれ、明治維新まで何れの藩の領にもなったことはないそうです。往古は伏見天皇の天領地として、米、大豆、小豆などを朝廷に献上し、今から750年ほど前の第90代亀山天皇時代には、毎年旧暦の6月1日頃に氷を宮中に献上していました。

 氷の運搬は水尾を通る険しい愛宕山麓の道を利用し、大変過酷で困難だったようで、福王子にはその時の犠牲者が今も祭られているそうです。

 今となっては定かではありませんが、氷は山中の横穴(砥石などの採掘跡)に貯蔵され、春先の雪を茅や柴で囲い、更に籾殻で水分の蒸発を防いで、夏まで保存していたと考えられています。

 このことから、亀山天皇より当地を「氷の生ずるところ」⇒「氷のところ」⇒「ひょうどころ」⇒「ひのところ(氷所)」の村名を授かりました。村人は大喜びし、天皇より授かった名前を永く後世に伝えるべく、江戸時代の寛文九年(1669)、神吉下村との山林紛争の時に、山林よりも小さな祠(氷室命)をもらい、これを幡日佐神社に合祀し、夏越の祓いと同じに毎年祭礼を営んでいるのだそうです。


氷朔日の祭礼

氷朔日祭礼 祝詞を奏上する中川宮司(2017年7月1日)


 神事は午前10時に始まりました。今年は当神社の中川宮司に加え広瀬地区にある岡神社の広瀬宮司が祭礼に参加されて行われました。

 祭礼の参加者は、宮総代、地区の理事者や各種団体長、老人クラブの人たちなどで、雨上がりの境内で神事は厳粛に進行していきました。


氷朔日の祭礼

拝殿で祭礼を見守る老人クラブの人たち(2017年7月1日)


 「氷朔日祭」のあと、広瀬宮司によって参加者は夏越の祓いを受けました。


夏越の祓い
夏越の祓い(2017年7月1日)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ



幡日佐・氷室両神社
 所在地:京都府南丹市八木町氷所中谷山(駐車場有り)
 幡日佐神社の祭神は応神天皇。今年創建1300年祭が予定されているようです。
 管理人のホームページ「口丹波の社」幡日佐・氷室両神社のページはコチラ


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク