ミヤコヤブソテツ

このページではシダ植物のミヤコヤブソテツを掲載しています。

カート


 ミヤコヤブソテツは京都所縁の名前が付いていますが、京都府では絶滅危惧種にランクされるほど希少なシダ植物です。口丹波地域内では、これまで南丹市で1ヶ所の生育地を探し当てましたが、今回初めて歩いた亀岡市の山地の谷沿いでも見つけることができました。


ミヤコヤブソテツ

ミヤコヤブソテツ(2017年4月)


 谷筋でも、ほんの一角にのみ生育していて、南丹市と同様にヒメカナワラビ(あるいはオオキヨズミシダ)と一緒に見られました。


ミヤコヤブソテツ

ミヤコヤブソテツ(2017年4月)


 ミヤコヤブソテツはヤマヤブソテツと似ています。特徴は頂羽片が小さく、羽片は刀状で表面の色が白緑色を帯びることで、慣れると姿を見ただけで判別可能です。

 また羽片の裏側につく胞子嚢群の包膜の中心が眼のように黒褐色をしていることも特徴です。ヤマヤブソテツの包膜は中心も灰白色をしています。


ミヤコヤブソテツ

ミヤコヤブソテツの包膜(2017年4月)


 今は新葉が展開する時期で、瑞々しい新しい葉が次々と出ていました。


ミヤコヤブソテツ
ミヤコヤブソテツのフィドルヘッド(2017年4月)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ミヤコヤブソテツ(オシダ科ヤブソテツ属の多年草)
 本州から九州にかけて分布しています。山地の空中湿度の高い沢沿いなどに生育します。また好石灰岩植物と考えられていて、そのため同じような性質のヒメカナワラビのようなシダと一緒に生えていることが多いようです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク