2月に出会った野鳥たち

このページでは2月に出会い、画像で残せた野鳥を掲載しています。

FC2


 今年の2月は雪がたくさん降り、山地では今も多くの雪が残っています。去年はシダ植物などを探していたのですが、今年はそれもままならず、自然と身近な野鳥に目が行きました。そのため2月は初めて出会ったものも含め、多くの野鳥たちが観察できました。


イカル

イカル(2017年2月 京丹波町)


 イカルです。昔ほど大きな群れを観ることは無くなりましたが、どこへ行ってもよく出会います。


ウソ

ウソ(2017年2月 南丹市)


 ウソという鳥で、画像のウソはオスのようです。山間部で桜の新芽を採食していました。


アトリ

アトリ(2017年2月 南丹市)


 アトリです。耕作地に大きな群れでいました。上のイカルやウソはアトリ科の野鳥です。アトリ科の野鳥は可愛い小鳥が多いようです。他のアトリ科ではカワラヒワやシメにも出会いましたが、2月は画像に残せませんでした。


エナガ

エナガ(2017年2月 南丹市)


 エナガです。暗い画像になってしまいました。


ヤマガラ

ヤマガラ(2017年2月 南丹市)


 ヤマガラは身近な山で最もよく出会う小鳥の一つです。結構近づいて来てくれます。


コゲラ

コゲラ(2017年2月 南丹市)


 コゲラも比較的人間を恐れません。たまに庭の木にもやって来ます。


ルリビタキ

ルリビタキ(2017年2月 南丹市)


 ルリビタキのオスです。すぐに藪の中に隠れてしまうので、出会う割には画像に残せません。


ケリ

ケリ(2017年2月 南丹市)


 ケリは最近まで田んぼでよく見かけた鳥ですが、しかしここ2,3年めっきりと数が減りました。カラスが増えたのと何か関係があるのかな? と思ったりしています。


ヤマドリ
ヤマドリ(2017年2月 南丹市)

 ヤマドリの若いオスでした。眼の周囲は赤くなっていませんが、長い尾を持っていました。ヤマドリは年に数回出会いますが、オスの画像が撮れたのは今回が初めてでした。


にほんブログ村 小動物ブログへ



 この他カワセミやイカルチドリ、おそらくハヤブサ科の小形の猛禽類などもいましたが、カメラを持っていなかったり、遠すぎたりで写真は撮れませんでした。鳥撮も気長に続けていこうと思っています。

 上記の野鳥はホームページのコチラのページにも置いています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク