ミナミメダカ

このページでは水路で見つけたメダカを掲載しています。

カート


 近年、国内のメダカには2種類あると発表され、京都府内にもミナミメダカとキタノメダカの2種共に生息していることが判っています。キタノメダカは日本海側に生息し、府内では丹後地方で見られるようです。

 先日、近所の用水路で久し振りにメダカの集団を見かけました。おそらくミナミメダカだと思われます。


メダカの棲む水路

ミナミメダカの棲む用水路(2016年7月 南丹市)


 コンクリートでできた小さな水路ですが、底は泥底で、イグサやイネ科の植物等も多く生えています。流れは緩やかで、当歳魚と思われる小さなメダカが多く見られました。


ミナミメダカ

ミナミメダカ(2016年7月 南丹市)


 ミナミメダカはキタノメダカに比べ、体側部の黒色素が薄く、背びれの切れ込みが深いのが特徴なのだそうです。水路のメダカをすくい捕って詳細を調べたわけではないので、人為的にキタノメダカが放流された可能性はゼロではないものの、場所的にミナミメダカで間違いないだろうと思っています。


ミナミメダカ
ミナミメダカ(2016年7月 南丹市)

にほんブログ村 小動物ブログへ



 メダカは成魚でも体長3cmほどの小さな淡水魚ですが、水面近くを泳ぎ、頭部がやや扁平で肩などに白い筋が目立つので、他の魚の稚魚とは容易に区別することが可能です。
 2種類のメダカは共に京都府では絶滅危惧種に指定されています。最近は管理人の近所のお宅でも数軒で、庭に水鉢を置きメダカが飼育されています。一昔前なら気にもとめなかった小魚を懐かしく思い、大切に育てておられるようです。希少種ではありますが、川で捕ったメダカを飼い、増えたらその分を元の川に返すような人たちがいてくれれば、メダカも喜ぶような気がします。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク