ハッチョウトンボ

このページでは京都府内で見つけたハッチョウトンボを掲載しています。

カート


 昆虫ネタが続きますが、今回もトンボの記事になります。ハッチョウトンボは体色が赤いトンボで、体長20mmほどしかなく、国内最小と言われています。


ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボのオス(2016年6月 京丹波町)


 湿地や休耕田など、水深が非常に浅い場所に生息し、成熟したオスは小さなテリトリーを持って、メスが近づくのを待っています。メスの体色は地味で、オスに見つかれば追い回されるので、オスとは少し距離を置いて暮らしているようです。そのため生息地でオスは見つけやすいのですが、メスを見つけるのは難しく、実際に私も周辺を探しましたが、メスの姿は見つかりませんでした。


ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボの未成熟なオス(2016年6月 京丹波町)


 若いオスはこんな色をしています。うっかり大人のオスのテリトリーに入ると、瞬く間に追い払われてしまいます。

 ハッチョウトンボは移動範囲が狭いと言われ、生息地は多くなく、京都府内では平地から低山の湿地、また高層湿原などに点在するのみで、府では準絶滅危惧種にランクされています。そして府登録天然記念物にも指定されています。


ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボのオス(2016年6月 京丹波町)

にほんブログ村 小動物ブログへ



 山野を歩くと、これからの季節は多くの生き物たちと出会えます。しかし動くものを画像にするのはなかなか難しく、その中でハッチョウトンボのオスは比較的近づいてもテリトリーから離れないので助かりました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク