徒然草の中の出雲神社

クリックで救える命がある。

 吉田兼好(兼好法師)によって鎌倉時代末期に書かれた随筆徒然草鴨長明方丈記清少納言枕草子と並んで日本三大随筆の1つと高く評価されています。徒然草は全部で244段の短い随筆で構成されていますが、その第236段に現在の亀岡市にある出雲大神宮(出雲さん)の記事が載っています。亀岡市やその近隣の住民の中には、出雲さんが徒然草に書かれていることを知っている人が大勢います。しかし昔の教科書などで学んだ経験があっても、一体どのような内容だったかを覚えていないとか、書かれていることは何かで読んだか、どこかで聞いたかしたけれど、内容まではわからないという人も多いことと思います。このページでは徒然草第236段の全文をご紹介しています。管理人と同世代かそれより上の方の中には、懐かしいなと思われる人もあるのではと思います。

 丹波に出雲といふ所あり。大社を移してめでたく造れり。しだのなにがしとかや、しる所なれば、秋の頃聖海上人、そのほかも人あまた誘ひて、「いざ給え。出雲をがみに。かいもちひめさせん」とて、具しもて行きたるに、おのおの拝みてゆゆしく信起したり。御前なる獅子狛犬、背きてうしろさまに立ちたりければ、上人いみじく感じて、「あなめでたや。この獅子の立ちやう、いとめづらし。深き故あらん」と涙ぐみて、「いかに殿ばら、殊勝の事はご覧じとがめずや。無下なり」といへば、おのおの怪しみて、「まことに他に異なりけり。都のつとに語らん」などいふに、上人なほゆかしがりて、おとなしく物知りぬべき顔したる神官を呼びて、「この御社の獅子の立てられやう、定めて習いある事に侍らん。ちと承らばや」と言はれければ、「その事に候。さがなきわらはべどもの仕りける、奇怪に候ふことなり」とて、さし寄りて、据ゑなほして去にければ、上人の感涙いたづらになりけり。

 ザックリと解説をすると、丹波国出雲というところに出雲大社から勧請し造られた神社があると知り、秋の季節に聖海上人がたくさんの人を参拝に誘いました。神社で皆がお参りを済せたあと、上人は獅子狛犬が普通とは逆の背中合わせで立ってるのを発見し、「あぁ素晴らしい、この獅子狛犬の立つ様にはきっと深い理由があるはずだ!」と涙ぐんで、「みなさんこれを見て不思議だと思いませんか?」と言えば、皆怪しんで、「本当だ、これは土産話になるな」と答えました。上人はどうしてもいわれが知りたいと思い、「この狛犬にはどのような言い伝えがあるのですか?」と年配の神官に尋ねたのですが、神官は「アッ、これでしょ。これはワルガキどものいたずらなんですよ!こまったものですわ」と言って獅子狛犬の位置を直して去って行きました。上人の感涙は無駄な涙になってしまいました。 というお話です。
   (1977年刊行の新潮日本古典集成参照。また上記全文と詳細な現代語訳は出雲大神宮のホームページでも紹介されています。) 


 ちょっと笑えませんか?

 亀岡市を中心に丹波ではこちらの出雲さんが島根県の出雲大社より古く、本家だとする元出雲信仰が根強く残っています。しかし兼好法師は出雲大社から勧請されて丹波の出雲神社が創建されたという認識だったようです。

出雲大神宮

亀岡市の出雲大神宮 (写真の獅子狛犬は徒然草に出ているものと違います)


出雲大神宮

出雲大神宮の境内

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


出雲大神宮(別名:出雲大神、出雲神社)
 住所: 京都府亀岡市千歳町千歳出雲無番地  問合せ 0771-24-7799
 御祭神は「大国主命」とその后神「三穂津姫命(みほつひめのみこと)」の二柱。
 平成21年10月21日に社殿創建1300年大祭が営まれました。
 出雲大神宮のホームページはこちら(クリックすると公式サイトへリンクします)

 

 PR 住宅を新築する場合は必ず火災警報器を設置しなければなりませんが、既存の住宅でも、平成23年6月1日までに設置するように消防法で定められています。PR
  

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク