タンナサワフタギ

このページでは樹木のタンナサワフタギを掲載しています

FC2


 ベニバナヤマシャクヤクの花を観察しようと山へ行った時、残念ながらベニバナヤマシャクヤクはまだツボミがかたい状態で、開花までにもう少し時間がかかりそうだったのですが、その代わりにタンナサワフタギの白い花に出会えました。


タンナサワフタギ

タンナサワフタギ(2015年5月 福知山市)


 図鑑を見ると、タンナサワフタギの花期は6月と書いてありましたが、この木は少し早めに開花したようです。


タンナサワフタギ

タンナサワフタギの花(2015年5月 福知山市)


 花は枝先に出た円錐状の花序に房のようについています。花の直径は6~7㍉程度で、たくさんある雄しべがフサフサの毛のように見えます。


タンナサワフタギ

タンナサワフタギの葉(2015年5月 福知山市)


 葉は互生してつき、葉身の長さは4~9㌢ほどで、先端は急に細くなって尾状にのびています。葉の縁は鋸歯になっていて、鋸歯は粗く内側に弧を描くように曲がって先端は鋭く尖っています。

 タンナサワフタギの樹高は3~5㍍ほどで、高木ではないので幹もそれほど太くありません。樹皮は灰白色をして表面が薄く剥がれています。


タンナサワフタギ
タンナサワフタギの幹(2015年5月 福知山市)

にほんブログ村 花ブログへ



タンナサワフタギ(ハイノキ科ハイノキ属の落葉低木)
 関東以西の本州、四国、九州の山地に自生しています。上の画像のものは山腹の谷間に生えていました。よく似たサワフタギも京都府内には自生していますが、葉の形からタンナサワフタギと同定しました。(間違っているかも知れません)今の時期、山に咲く白い花と言えばウツギが最も多く、他にはエゴノキなどもありますが、注意して見ないとタンナサワフタギもウツギと間違えて、気付かずに通り過ぎてしまいそうです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク