オシドリの夫婦

このページでは京都府南丹市で見た野鳥のオシドリを掲載しています。

カート


 田植えのために水が張られた水田では、よくカルガモの姿を見かけます。先日、南丹市の山間部を通りがかった時、田んぼの畦に1羽の水鳥を見つけました。躰の大きさから水鳥だと直感したのですが、よく見かけるカルガモとは少し違っていました。そこで車を停止して窓からゆっくり眺めると、驚いたことに鳥はオシドリの雄でした。


オシドリ

雄のオシドリ(2015年5月 南丹市)


 これまで何度かオシドリは見ましたが、いずれも渓流で、私の姿に気づくとすぐに飛び去るほど警戒心が強く、泳ぐ姿はかなり遠い場所からでないと見られませんでした。ところがこのオシドリは、こちらをチラチラ見てはいましたが、特に慌てる素ぶりもなく、悠然と泳いでいます。


オシドリ

水田で泳ぐオシドリ(2015年5月 南丹市)


 しばらくすると少し離れた場所から、今度は雌のオシドリが現れて、2羽が仲良く泳ぎ始めました。雌は見た目が地味なため、同じ水田にいてもまったく気づきませんでした。


オシドリ

つがいのオシドリ(2015年5月 南丹市)


 どうやらカップルのようです。オシドリは子育てが終わればカップルは解消すると聞いています。このつがいはこれから営巣するのかも知れません。

 仲良く泳ぐ姿は動画に撮りユーチューブに投稿しました。下の動画がその動画です。



オシドリの夫婦

にほんブログ村 小動物ブログへ



オシドリ(カモ科オシドリ属)
 北海道、本州、九州で繁殖して、西日本で越冬する個体が多くいます。京都府では留鳥で府内で繁殖しているようですが、あまり人前に出てこないので詳細までは掴めていないのか、2013年府のレッドデータ・リストでは準絶滅危惧種にランクされています。(2013年以前は絶滅危惧種でした)雑食性ですがドングリ類を好んで食べるようです。営巣は林内の高木の樹洞で行い、ヒナは高所の巣から落ちて巣立ちます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク