含宝寺観音堂

 このページでは京丹波町の含宝寺観音堂を紹介しています。

カート


 含宝寺は昭和41年に隣の宇津木寺と合併して廃寺となり、観音堂のみが現存しています。


含宝寺観音堂

観音堂(2015年3月)


 創建は宝永二年(1705年)惟慧道定の開山と伝わり、旧船井郡三十三か所観音霊場の第七番札所です。


含宝寺観音堂

山号(2015年3月)


 現在の観音堂は昭和32年に修繕されたということです。


含宝寺観音堂
御詠歌(2015年3月)

 御詠歌は「美女ヶ岳 まよひをはらすみ佛の こもりかっての かみ松のかげ」と読むようです。
 余談ですが、くずし字を読む時には、奈良文化財研究所、東京大学史料編纂所のWEBサイト「木簡画像データベース・木簡辞典」「電子くずし字辞典データベース」連携検索を見るようにしていますが、とても便利なサイトだと思います。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



円通山・含宝寺観音堂
 所在地: 京都府船井郡京丹波町富田垣内21(宇津木寺)
 駐車場有り。
 朱印を希望される場合は宇津木寺でいただけるようです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク