イカル

このページでは野鳥のイカルの画像と動画を掲載しています。

FC2


 京都府でイカルが見られる時期は冬の間だけです。国内では主に夏涼しい北海道や本州の北部で繁殖して、寒くなると暖地に移動してきます。イカルの鳴き声は独特で「キーコーキー」と高い声で繰り返します。この鳴き声は「お菊二十四」とか「月・星・日」とか人の言葉に置き換え(聞きなし)られて、古くから親しまれてきました。


イカル
集団での採餌風景(2015年1月 京丹波町)

 イカルの大きさはムクドリほどで、全体的にずんぐりとして見えるのは、ブンチョウのような形をした黄色い嘴のせいかも知れません。
 囀る時はいつも高木のてっぺんで、警戒心は強くなかなか近づくことを許してくれません。地上に降りて木の実や草の種を夢中で啄んでいる時がチャンスなのですが、多くの場合、画像のように群れでいるので、中の1羽にでも見つかれば逃げられてしまいます。



にほんブログ村 小動物ブログへ



イカル(アトリ科イカル属)

 京都府では漂鳥です。エノキの実などを食べる時に、黄色い嘴で器用にくるくる実を回しながら皮を剥く様は「豆どり」とか「豆回し」と呼ばれているそうです。近年は口丹波にやってくるイカルの数が減っているように感じていました。画像や動画のような大きな集団を見たのは久しぶりで、ちょっと興奮しました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク