カラクサシダ

このページではシダ植物のカラクサシダを掲載しています。

FC2


 今日は時折小雨模様になるものの、ここ数日の中ではマシな方だったので、野草の観察に出かけました。しかし思い付きで出たこともあって出かけた方角を誤り、右京区京北へ向かってしまいました。京北方面には残雪がまだ多く、そして雪も降ってきました。しかしここまで来て引き返すこともできず、さりとて美山方面に向かっても雪は更に深くなるだけなので、取りあえず南下して京都市北区の山間部に入りました。もちろんそこも京北とはあまり変わらず、道路の両脇の雪で本来の道幅がない状況でした。

 この場所に来たのは、昨年の秋に撮ったヒメサジランの画像を見ている時に、一緒に写っていた小型のシダ植物が気になったからです。撮っている時には、珍しいヒメサジランに夢中になっていて、そのシダの方には注意がいきませんでした。


カラクサシダ

ヒメサジランの画像(2014年11月 京都市北区)


 画面中央がヒメサジランで、その周囲に生えているのが気になったシダです。共に密生するホウオウゴケの仲間の中からニョキッと出ています。

 そして今回、そのシダに焦点を合わせると、全体的に毛が生えたシダでした。


カラクサシダ

カラクサシダ(2014年11月 京都市北区)


 雪で濡れていたので、最初はコウヤコケシノブかとも思いましたが、カラクサシダで間違いないと思います。


カラクサシダ
カラクサシダの胞子嚢(2014年11月 京都市北区)

 葉の裏にはソーラス(胞子嚢群)もついていたので、小さいながらも大人のシダです。カラクサシダは小さいためになかなか見つけるのは難しいようですが、私はヒメサジランのおかげで見つけることができて幸運でした。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



カラクサシダ(ウラボシ科カラクサシダ属の多年草)
 小さな多年生のシダ植物で、夏の一時期に落葉するようです。京都府ではやや稀で、府のRDBでは準絶滅危惧種にランクされています。ヒメサジランも同じく準絶滅危惧種なので、この自生地では同時に2種類の珍しいシダが見られます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク