ウラジロ

このページではシダ植物のウラジロを掲載しています。

カート


 お正月飾りには欠かせないウラジロは、葉の裏側が白っぽいのでこの名前がつきました。家の近所の山にも、日陰でやや湿潤な場所に多く自生していて、数年前までは年末になると山へ行き、松の枝などと一緒にウラジロを採ってきたものです。

 しかし、いざ山でウラジロを探すと、大きすぎたり葉の一部が欠けていたりして、なかなかお飾りに使えるようなものが見つからず、結構探し回った経験がありました。それだけに昨日このブログにアップした音羽の滝近くで見たウラジロの美しさには感激しました。


ウラジロ

ウラジロ(2014年12月 亀岡市)


 小さな群落でしたが、どれもいい形をしていました。ウラジロは大きなものでは1㍍を遥かに超えるものがありますが、ここのものはすべてサイズ的にもいい感じでした。


ウラジロ

ウラジロ(2014年12月 亀岡市)


 ウラジロのようなシダ植物は花をつけません。多くのものは葉の裏側にソーラス(胞子嚢)というものをつけ、胞子で増えたり、根茎をのばして増えたりします。今の時期でもソーラスをつけているシダがありますが、ウラジロの葉の裏側にはソーラスは見当たりません。ついていた跡すら確認しにくいほどきれいです。


ウラジロ

ウラジロの葉の裏側(2014年12月 亀岡市)


 理由は判りませんが、この白さが縁起物として慶ばれたのでしょう。

 ウラジロは年に2枚(1対)の葉(羽片)を出します。葉の基部を見ると、翌年分の芽ができています。


ウラジロ

翌年分の芽(2014年12月 南丹市)


 こうして2~3段の葉(羽片)を出して、ゆっくり背をのばしていき、群落を観察すると中にそういったものが見られます。


ウラジロ
ウラジロ(2014年12月 亀岡市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ウラジロ(ウラジロ科ウラジロ属の多年生シダ植物)
 本州中部以西、四国、九州に分布する常緑のシダです。ソーラスは夏につきますが、今に時期には見られません。同属のコシダはウラジロよりも小型で、比較的陽当りの良いやや乾燥した場所でも多く生えていますが、ウラジロは日陰の谷間などでよく見かけます。普段は特別注目されることもありませんが、この時期には業者と思える者による盗採もあるみたいです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク