上乙見の田楽2014

このページでは京丹波町上乙見の熊野神社で営まれた田楽踊を紹介しています。

カート



 19日(日曜)、京丹波町上乙見区で伝統行事の「上乙見の田楽」が営まれました。田楽は上・下乙見地区の氏神熊野神社の境内で、秋季例祭のあとに五穀豊穣を神々に感謝して奉納される素朴な踊りです。


上乙見の田楽

上乙見の田楽(2014年10月19日)


 氏子の代表が境内で輪になって田楽を舞います。輪の中央には囃子方の太鼓と笛が各1名いて、その合図にあわせて踊り子は両手に持ったササラ木を振ります。


上乙見の田楽

上乙見の田楽(2014年10月19日)


 合図方は氏神様以下、地域で崇敬されている八神の名を呼び、踊り子はそれぞれ1回ずつ所作を行います。八神とは氏神様、大川様、八幡様、愛宕様、行者様、金比羅様、不動様、山ノ神様です。


上乙見の田楽
上乙見の田楽(2014年10月19日)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



上乙見の田楽
 「熊野神社奉納田楽踊」が正式な呼称のようです。古くから伝わる伝統芸能で、京都府の無形民俗文化財に登録され、また町指定文化財になっています。
 本来、合図方(笛・太鼓)はそれぞれ1名、踊り方は10名の計12名で行う決まりがあったようですが、過疎や高齢化が進み今年の踊り子は8名でした。時間にするとほんの20分足らずでしたが、素朴で素敵な田楽が見学できました。また口丹波の山村では、こうした伝統行事を維持していくことの難しさも感じさせられました。

上乙見熊野神社の住所:京都府船井郡京丹波町上乙見岩屋1-1(駐車場はありません)
熊野神社の例祭は午後1時30分に始まり、田楽が終わったのは2時30分を少し過ぎたあたりでした。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク