ウミネコ in 丹波

このページでは口丹波に飛来した海鳥のウミネコを掲載しています

カート


 家の近所を車で走っている時のこと。水田では、既に植えられた稲の苗が青々と風に揺れ、その上をツバメたちが勢いよく飛び交っていました。そんな風景の中で、1ヶ所だけ田植えされずに水だけ張られた田んぼがあり、そこに1羽の鳥が歩いていました。最近その辺りでは、よくカルガモを見かけていたので、歩いている鳥もきっとカルガモだろうと思いそのまま通り過ぎたのですが、すぐに「いや、何か違うぞ」と直感してUターンし、少し距離をとって停車しました。そして助手席の窓を開けてカメラを向けたのですが、その鳥はこちらに気づいているものの、飛び立つ様子は見せませんでした。


ウミネコ

水の張られた水田を歩く鳥(2014年7月 南丹市)


 やはりカルガモではありませんでした。地元では今まで見たことの無い鳥でした。一目で海鳥だと判り、最初はカモメだと思いました。
 家に帰り画像を確認すると、カモメではなくウミネコのようでした。羽毛は濡れて毛羽立ち、憔悴しているような姿です。目も血走っているのかと思いましたが、ウミネコの目はもともとこのような目のようです。台風から逃げてきたのか? 年老いているのか? または病気なのか? よく判りませんが、海から遠く離れた口丹波の地で、まさかウミネコに遭遇するとは思いも寄らないことでした。


ウミネコ

食べるものを探して歩くウミネコ(2014年7月 南丹市)


ウミネコ

水中に顔を沈めるウミネコ(2014年7月 南丹市)


ウミネコ

何か咥えました(2014年7月 南丹市)


 いずれにしても、早く少しでも体力を回復して、無事に安全な海に帰ってもらいたいものです。


ウミネコ
ウミネコ(2014年7月 南丹市)

にほんブログ村 小動物ブログへ



ウミネコ(カモメ科カモメ属)
 京都府でも舞鶴などでは留鳥として集団営巣地があるそうでが、府のRDBでは要注目種のランクに入っています。全長47㌢、翼開長120㌢と大柄な鳥です。特徴である尾の先の黒帯は確認できませんでしたが、黄色く長いくちばしの先が赤と黒色で、足が黄色いところは確認できました。できれば一声「みゃ~」と鳴いてくれたら嬉しかったのですが、それは贅沢というものでしょうね。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク