河牟奈備神社

このページでは綾部市の河牟奈備神社を紹介しています。

FC2


 綾部市十倉名畑町にある延喜式内社、河牟奈備(かむなび)神社を訪ねました。国道27号線山家交差点を府道1号線へ折れて、小浜方面に直進していくと、左手側に参道の石段が見えました。結構急な石段の先に大きな鳥居があり、鳥居の前に案内板が立てられています。


河牟奈備神社

社頭(2014年7月)


 鳥居を潜ると広場のような境内が細長く本殿へと続いています。本殿はもう1段上に祀られ、その辺は周囲の木々で日陰も多くありました。


河牟奈備神社

本殿覆屋(2014年7月)


 覆屋の中の本殿は三間社の大きな社殿でした。再建されたのは宝暦三年(1753年)ということです。


河牟奈備神社

本殿覆屋(2014年7月)


 本殿の両脇に末社が3社ありました。向かって右側には2社の末社が並んでいて、左が阿上社、右が吉田社らしく、阿上社はおそらく船井郡京丹波町本庄の阿上三所神社(旧名は阿上神社)の分霊を勧請したものであろうと考えられています。(和知町史)
 阿上社の小さな祠の下に、御神体とされる石碑が安置されていて、石碑に書かれている文字は神仏習合時代のもので、綾部市最古の金石文とされ、市指定文化財になっています。

 本殿左側に祀られる末社の社名等は判りませんでした。


河牟奈備神社
末社(2014年7月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



河牟奈備神社
 住所:綾部市十倉名畑町古気良10
 当地一帯のことを通称大宮と呼ぶみたいです。延喜式内・珂牟奈備神社(丹波・何鹿郡)に比定されています。旧社格は郷社。
 和銅二年(709年)の創建と伝わり、平成21年に鎮座1300年の式典が催され、近隣屈指の古社であることは間違いありません。御祭神は天下春(あめのしたはる)命。
 私は気づきませんでしたが、境内には数基の古墳があるようです。上林川沿いの当地には相当古くから人が住み着いていたのでしょう。その時代から祭神が天下春命であったなら、おそらく大和政権側についた豪族だったと思われます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク