トウゴクシソバタツナミソウ

このページでは野草のトウゴクシソバタツナミソウを掲載しています。

カート


 先日、美しい斑入り葉のタツナミソウを見つけ、見つけたその時は「シソバタツナミか?」と思い喜びました。


トウゴクシソバタツナミソウ

斑入り葉が美しいタツナミソウ(2014年6月 亀岡市)


 シソバタツナミは京都府下では南部地域にしか自生していないのではないかと思われているからです。そこで帰ってからワクワクしながら撮った画像を見てみると、茎に生える毛の感じがシソバタツナミとは違います。画像の毛は開出(茎に対して直角に生える)していたのです。


トウゴクシソバタツナミソウ

タツナミソウの茎の毛(2014年6月 亀岡市)


 それで府の自然目録で探すと、ホナガタツナミソウというのがありました。多分これかなと思いつつ、それでもまだ疑問が残ったので、普段からお世話になっているYさんに尋ねてみました。Yさんはホクリクタツナミソウを府内初確認された方です。
 その結果、この美しいタツナミソウはトウゴクシソバタツナミソウであることが判明し、私の中にあった疑問も晴れました。決め手はやはり茎の開出毛でした。Yさんによるとトウゴクシソバタツナミソウは、府下ではまだ発見例が無いかも知れないということでした。


トウゴクシソバタツナミソウ

トウゴクシソバタツナミソウ(2014年6月 亀岡市)


 亀岡市には過去にシソバタツナミの記録があるようですが、もしかしたらそれはトウゴクシソバタツナミソウであったかも知れないということでした。

 今回見つけたトウゴクシソバタツナミソウが生えていた場所は、そんなに離れていませんが2ヶ所で、その中には斑の無いものもありました。


トウゴクシソバタツナミソウ

斑の無いトウゴクシソバタツナミソウ?(2014年6月 亀岡市)


 木陰に生えるものほど斑の色は濃く、葉の表面はその色合いと長い毛によってビロードのようでした。


トウゴクシソバタツナミソウ
トウゴクシソバタツナミソウ(2014年6月 亀岡市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



トウゴクシソバタツナミソウ(シソ科タツナミソウ属の多年草)
 本州に自生しています。山地の林縁や林道脇の日陰でやや湿った場所を好むようです。見つけた時期は既に花が終わっていたので、花は来年確認したいと思っています。ちなみに種の同定で迷ったシソバタツナミの茎の毛は上向きに生え、ホナガタツナミソウの毛は下向きに生えるということでした。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク