獨鈷抛山 千手寺

クリックで救える命がある。

 獨鈷抛山(とこなげさん) 千手寺は大同二年(807年)に弘法大師空海により開創されました。案内板によると大師が仏教を学ぶためにへ渡る途中船が嵐に遭い、難破しそうになった時に観音菩薩に立願し、大望成就した後には尊像を刻すると誓い、無事に唐に着かれたそうです。そして唐の恵果和尚から密教法儀の伝授を受けて帰国される際に、「密教流布相応の勝地にとどまるべし」と言って独鈷杵(とっこしょ=密教の法具の一つ)を投げると、独鈷杵は宙に消えたのだそうです。
 大師は帰国後、奈良の春日大社にお参りをして独鈷の行方を尋ねたところ、春日明神が示現し「丹波国山内荘の北峰、娑婆山の松の枝にある。道を教えるのでその地に千手観音を造立せよ」と告げました。お告げに従い弘法大師が娑婆山の麓まで来ると、春日明神の使いの白鹿が大師を松のところまで導き、谷に消えました。これ以降この地を鹿谷(ろくや)、山号を獨鈷抛山と呼ぶようになりました。
 また大師は香木を用いて一刀三礼して千手観音を刻み、安置したことが千手寺の始まりです。

 千手寺はその後戦火により廃寺となりましたが、応永十年(1403年)に、鎌倉建長寺の蘭渓道隆の法孫、止菴和尚が来往して、臨済宗寺院として中興されました。

 言い伝えによると、地元の猟師が霊場の峰に毎夜怪しい光が現れるのを狐狸の仕業と疑い、これを射て翌朝血の跡をたどると矢は千手観音の左目に刺さっていました。猟師は罪を懺悔して末代まで弓矢を捨てることを誓いました。以後この千手観音は眼病にご利益があるとされ、毎年4月17日、7月17日の縁日には、多くの善男善女の参詣が絶えません。
 千手寺の本堂横には娑婆山からの湧き水が落ちる手水がありますが、近隣の人たちの中には古くからこの水で目を洗えば治るという信仰がありました。


千手寺

両脇に仁王堂のある鐘楼門


千手寺

千手寺本堂


千手寺千手寺千手寺
 山門に続く石段 霊水の手水 鎮守の稲荷神社

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

 獨鈷抛山 千手寺(臨済宗妙心寺派)
 ご本尊は木造千手観音坐像
 住所: 京都府亀岡市稗田野町鹿谷大タワ7(おことわり:稗田野の稗には草冠がつきます)  問合せ: 0771-23-1434
     寺は山の頂近くにあり、幾つかの登山コースがハイキング・コースとして整備されています。
     管理人は鹿谷からのコースを車で登りましたが、途中離合の困難な道なので縁日の日などは
     徒歩で登ることをお勧めします。駐車場は数台分のスペースがあります。
 千手寺の文化財: 【 国指定重要文化財 】法華経/藍紙(美術工芸品)
               【 市指定文化財 】 木造千手観音坐像(美術工芸品)
 千手寺は亀岡の自然100選に選ばれています。

PR
   

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク