ランの咲く季節

このページでは今咲いている野生ランを掲載しています。

カート


 約1月前に、山でシュンランの花を見ました。シュンランは口丹波の山に春を告げる花で、ラン科植物の中でも1番最初に開花します。そのシュンランの花が終わる今時分から、山に入るといくつかのランの花が見られます。


カヤラン

カヤラン(2014年5月 亀岡市)


 着生しているスギの枝が風で折れて、落下してしまったカヤランです。落ちた状態で咲いていましたが、おそらくスギが朽ちる前に枯れてしまうでしょう。カヤランのようなランは、生きていく中で常にこのようなリスクを背負っています。京都府のRDBでカヤランは準絶滅危惧種にランクされていますが、口丹波には非常に多く自生しています。このように落下したものも多く見つかり、樹上には相当たくさんのカヤランが自生しているものと想像できます。


カヤラン

カヤラン(2014年5月 右京区京北)


 このスギの枝は、先の方は枝打ちされてありませんが、枝打ちした人がカヤランに気づいて残したのでしょうか? 人の目線の高さで咲いていました。カヤランはこうして宙ぶらりんなスタイルが普通です。根は長く、スギの幹にまで達していました。


コケイラン

コケイラン(2014年5月 右京区京北)


 場所によってはコケイランの開花も始まっています。コケイランは2013年に府のレッドリストが改定され、絶滅危惧種に新規ランクインした野生のランです。花は今まで綾部市の深い山でしか見たことがなかったので、ちょっと嬉しい出会いでした。コケイランとは今年になって、山を歩いていると時々出会います。


コケイラン

コケイラン(2014年5月 右京区京北)


 コケイランはエビネに似ていますが、コケイラン属のランで、エビネ属ではありません。


エビネ

エビネ(2014年5月 京丹波町)


 エビネです。口丹波にはほぼ全域に自生していますが、開花はここが1番早いだろうと思って行ってみると咲き始めていました。これから各地でこの花と出会うのが楽しみです。

 シュンラン、カヤラン、コケイラン、エビネと、今年は今までに4種類の花を見てきました。そしてこれから初夏から晩夏にかけて咲くランもあります。


ヒトツボクロ
ヒトツボクロ(2014年5月 南丹市)

 ヒトツボクロは細い花茎を少しだけのばしていました。府のRDBで絶滅危惧種のヒトツボクロの花はまだ見たことがなく、今年の開花が待ち遠しいところです。この自生地には、最初は2株だけだと思っていたのですが、周囲をよく探すと10株近くあったので、1つぐらいは花が見られるだろうと期待しています。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 ヒトツボクロ以外にまだ花を見ていないランは、他にアケボノシュスランやサイハイランがあります。今年はこれらの花を見ることと、できれば新しいランとの出会いがあればいいなと思っています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらではお久しぶりです。
神社と滝を巡っている時に、ランに出逢えたらと思うものの、
やはり横道に逸れないとなかなか出逢えないもので、
最近はラン達とご無沙汰です。
カヤランは意外と自生が多いのは実感としてありますが、
コケイランは一回しか見た記憶が無いです。
自然林にある印象でしたが、植林の多い京北にもそれなりにあるようで、嬉しい限りです。
ヒトツボクロの花は、花としては期待するようなものでないかも知れませんが、
どれだけ地味なものだとしても、自生地でひっそりと咲く姿を見るのは至福のひと時ですよね。
写真のヒトツボクロは花芽が出ているようなので、きっとその姿を見せてくれますね。
サイハイランは個人的に好きなランです。
ネジバナを別にすれば、初めて見た野生ランの花だったりするので。
篠山で一株だけ確認しているので、私も写真に撮れたらと考えています。

私は、コケイランは若狭、アケボノシュスランは南紀、というように、
比較的広い範囲でランを見つけてきましたが、
丹波という狭い範囲でこれだけの種類を見つけられたのは凄いと思います。
そこに新たなランが加わるのを期待しています。

Re: No title

お久しぶりです、hiro1jzさん。
新しい種との出会い、あったら嬉しいですね。
コケイランは私も去年出会ったのは綾部市、南丹市ですが、共に若狭に近い丹波
でした。しかし今年は比較的身近な場所でも見つかりました。
近々、見に行こうと思っているのは4月に見つけたエビネで、私の手では届かない
高さの樹幹に着生していた大株です。樹上で咲くエビネの花って、いいと思いませんか?
是非見たいと思っています。
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク