オオカメノキ

このページでは口丹波の山地に自生するオオカメノキ(ムシカリ)を掲載しています。

FC2


 少し前、右京区京北の谷でオオカメノキに出会いました。オオカメノキの白い花は、日陰の薄暗い場所でとても目立っていました。


オオカメノキ

オオカメノキ(2014年4月 右京区京北)


 オオカメノキは少し標高の高い山に自生していて、平地では見かけない樹木です。近づいてもっとよく花が見たかったのですが、谷の反対側にあったために、この時はかないませんでした。


オオカメノキ

オオカメノキ(2014年4月 右京区京北)


 その後、今度は南丹市の林道脇で、オオカメノキの花に出会うことができました。


オオカメノキ

オオカメノキ(2014年4月 南丹市)


 京北で見たものの方が、花は大きかったように思えましたが、それは木の大きさや自生環境の影響かも知れません。
 オオカメノキの花序には多くの白い花がつきます。花序の周囲には大きな装飾花がつき、中央には小さな両性花がつきます。これはヤマアジサイなどとよく似ています。


オオカメノキ

オオカメノキ(2014年4月 南丹市)


 春に咲く樹木には、ソメイヨシノのように花が先に咲いて、花の終わり頃から新葉を出すものも多いのですが、オオカメノキは新葉の展開と開花がほぼ同時です。今はまだ小さな葉も、これから大きくなって、幅の広い卵形か円形の葉になっていきます。


オオカメノキ

オオカメノキの新葉の裏側(2014年4月 南丹市)


 一説によると、この葉は昆虫の幼虫に好まれるので、ムシカリという別名がついているようです。

 気候が良くなってきて、山歩きにはいい時期になりました。こうして滅多に出会えない花が見つかると、足の疲れも忘れてしまいます。


オオカメノキ
オオカメノキ(2014年4月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログへ



オオカメノキ(スイカズラ科ガマズミ属)
 全国の山地に生える落葉小高木。花期は4~5月頃で今からしばらくの間見ることができそうです。よく似たものにヤブデマリがあり、ヤブデマリは口丹波に多く生えています。南丹市の自生地では近くにタムシバやキンキマメザクラが花をつけていました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク