シロバナネコノメソウ

このページでは山野草のシロバナネコノメソウを掲載しています

カート


 少し前になりますが、以前から気になるネコノメソウがあって、そろそろ花が見られないかと自生地を訪ねたところ、目当てのネコノメソウはまだツボミすら確認できない状況でした。当てが外れてがっかりしたのですが、その周辺を歩くと、シロバナネコノメソウの花が見つかりました。


シロバナネコノメソウ

シロバナネコノメソウ(2014年4月 右京区京北)


 ネコノメソウの仲間で白い花をつけるのは、シロバナネコノメソウとその変種であるハナネコノメソウぐらいで、京都府にはそのどちらもが自生しています。また府内には中間的なものもあるようで種を特定するのは難しい仲間です。画像のネコノメソウは、花弁に見える白いガク(萼)片の先端が鋭頭なのでシロバナネコノメソウとしています。


シロバナネコノメソウ

シロバナネコノメソウ(2014年4月 右京区京北)


 色が白いせいか、ネコノメソウ属の他のものより花らしく見えます。本種の茎は非常に軟弱ですが、花茎だけは割合しっかりとして直立します。


シロバナネコノメソウ
全体的に毛が多い(2014年4月 右京区京北)

 去年は、南丹市の小さな谷筋で萼片の先が少し鈍角なシロバナネコノメソウの群落を見つけたのですが、台風18号による土砂で完全に埋もれてしまいました。山地の谷に生える植物は、ネコノメソウに限らず、多かれ少なかれ自然災害の影響を受けやすい宿命を負っています。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



シロバナネコノメソウ(ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草)
 山地の沢沿いなど、湿った場所に生える小さな草本です。口丹波では大きな渓流より、そこに流れ込む細流周辺の方が多いように思います。ただ自生地は局所的で、域内に広く分布するものではないと考えます。

 シロバナネコノメソウは管理人のHPふる里・口丹波の植物にも掲載しています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク