不動明王の滝

このページでは南丹市美山町の不動明王の滝を掲載しています。

FC2


 いつもは1人で出かけて寺社を回ったり、山野草を探してりしているのですが、先日は、最近カメラ小僧になった近所のキンちゃんを誘って、美山町の滝を見に行きました。山深い場所にある滝へ行って、万が一にもクマなんかと遭遇したら大変です。1人より2人の方が何かと安心して歩けます。

 この日は滝を2ヶ所行きました。ですが最初に行った滝は、本来目的としていた滝ではないことが後になって判り、いつか出直したいと思っています。

 そんなわけで、ここでは2ヶ所目の不動明王の滝を掲載することにしました。


不動明王の滝

不動明王の滝(2014年4月)


 不動明王の滝へ行くのは2回目です。一昨年の9月に初めて訪ねて、そのことは当ブログにも書いています。滝巡りが初めてのキンちゃんは、最初の滝でもこの滝でも感動してくれた様子だったので、しんどい目をしても、来てよかったと思いました。


不動明王の滝

滝の中ほどに不動明王像が祀られています(2014年4月)


 昨年の台風18号の爪跡のようなものは残っていましたが、滝は水量もそこそこで、見栄えのする姿をしていました。


不動明王の滝

不動明王の滝(2014年4月)


 滝壺に平らな部分があります。古くより当地では、滝にうたれると病が治ると信じられていたそうです。この平らな部分に座して、あるいは立って滝水に打たれる人が今でもいるのかも知れません。

 この滝へは、かねがねもう1度訪ねてみたいと思っていたので、付き合ってくれたキンちゃんに感謝です。


不動明王の滝
不動明王の滝

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



不動明王の滝
 住所:南丹市美山町下
 以前は参道口まで車で行ったのですが、今回は途中のゲートが締められていたので、簡単に開けることはできても、そこから歩くことにしました。参道口から滝までは徒歩で20分程度です。ただし最初に急斜面の山を登るので、多少の体力は必要です。
 落差約10㍍の滝です。この滝では毎年6月28日にお祭りが営まれているようです。

 不動明王の滝は管理人のホームページ口丹波の社にも掲載しましたので、よかったら立ち寄って下さい。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク