佐々尾神社

このページでは亀岡市の佐々尾神社を紹介しています。


FC2


 亀岡市の佐々尾神社を訪ねました。しょっちゅうそばの道路を行き来しているのに、訪ねたのは今回が初めてでした。


佐々尾神社

社頭(2014年3月)


 神社は府道73号宮前(みやざき)千歳線を背に、南向きに鎮座します。鳥居を潜ると境内は思いのほか広く、中央に拝殿、拝殿のそばに末社が1列に並んでいます。


佐々尾神社

境内(2014年3月)


 末社は、左から順に山王社、仁徳天皇社、天満宮社、大山祇命神社と、市杵島姫神社と素盞鳴神社が合祀された社でした。本殿はそこから1段高い場所にあり、堅牢な覆屋に守られています。


佐々尾神社

本殿覆屋(2014年3月)


 佐々尾神社のすぐ裏の府道は車の往来も多くありますが、境内は落ち着いた雰囲気で、美しく清掃もされ、清々しい気持ちで参拝ができました。


佐々尾神社

境内(2014年3月)


佐々尾神社
本殿を囲む塀(2014年3月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



佐々尾神社
 住所: 亀岡市宮前町神前(こうざき)障子1.2
 駐車場は府道の反対側にあります。
 創建等の由緒は不明。境内に享保四年(1719年)と彫られた手水鉢がありました。
 御祭神は天照皇大神(お伊勢さん)、応神天皇(八幡さん)、天児屋根命(春日さん)の三柱。境内社の大山祇命社(山の神)は、往古より当地では良質の砥石が採れ、砥石山や林業の関係者から崇敬されていました。また仁徳天皇社は「乳の神様」として産後の婦人の崇敬が篤い神社ということです。
 また今は廃寺となった神宮寺の神護山慈眼寺(天台宗)にあった、平安時代後期の作とされる木造阿弥陀如来坐像や薬師如来坐像、釈迦如来坐像は、現在同区にある曹渓山宝林寺に安置されています。(いずれも国の重要文化財


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク