滝谷の滝?

このページでは南丹市の滝谷の滝を掲載しています。

カート


 南丹市が誕生する前に発刊された「日吉町誌」の下巻の挿絵に「滝谷の滝」のモノクロ写真が掲載されています。滝谷は日吉町天若地区にある滝で、天若地区の多くは日吉ダムの底に沈みました。しかし今も天若には滝谷とい番地は残っているので、この滝は水没を免れているかも知れないと思い、雪解けを待って出かけました。

 雪解け水で水量が多いといっても、細い流れの滝谷川がダム湖に注ぐ部分は、大きな入江のようになった場所で、そこにはまだ、去年の台風18号がもたらした大量の流木が残っていました。滝がこの入江の中にあったのなら無駄足だな、と思いながら細流を遡ると、ほんの30㍍ほど行った所に滝らしいものを見つけました。


滝谷の滝?

小さな滝壺(2014年2月)


 滝尻のようでした。町誌の挿絵の滝もあまり急勾配のようでもなかったので、「まぁ、こんなもんかな?」と思って、少し気落ちしたのは事実です。でもせっかく来たのだから、もう少し上の方も見ておこうと、左岸縁を歩くと、何やら滝らしい雰囲気になってきました。


滝谷の滝?

勾配が急になっていました(2014年2月)


 このくらいの勾配になれば、滝と呼んでもいいかも知れない。特に南丹市でも旧船井郡の園部町、八木町、日吉町の3町の中で見ると、これだけの落差のある谷川は希少です。


滝谷の滝?

滝谷の滝?(2014年2月)


 滝は巨岩を水流が削ってできているようで、滝口のある上部へ行くほど幅は狭く、流れは急でした。しかしこの滝が町誌に出ている滝であるかどうかは不明なので、ここでは「?」としておきます。


滝谷の滝?

滝谷の滝?(2014年2月)


 滝谷川の滝は、垂直に落下する滝ではありませんが、途中の岩にぶつかりながら流れ落ちる様が、それなりに見応えのある滝でした。


滝谷の滝?
滝谷の滝?(2014年2月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



滝谷の滝?
 所在地; 南丹市日吉町天若滝谷
 訪ねた時には、ダム湖の入江に多くの水鳥が浮かんでいました。「滝谷の滝」をご存知の方から情報などをいただけるとありがたいです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク