樫船神社

このページでは高槻市の樫船神社を掲載しています。

FC2


 約5年振りに樫船神社を訪ねました。樫船神社が鎮座する田能地区は、現在は高槻市に編入されていますが、かつては丹波国桑田郡に属していました。


樫船神社

田んぼの中に建つ一の鳥居(2014年2月)


 以前はこの鳥居に気がつきませんでした。神社の案内板がある参道口から100㍍以上離れた場所に建っています。

 伝説では、現在の亀岡盆地が巨大な湖だった昔、大国主命は地元の神々を集めて保津峡を開削して、赤い波の立つ湖(丹の湖=にのうみ)の水を嵐山へ抜き、湖を肥沃な大地に変えようと大きな工事を行いました。その時、鍬を振ったのが鍬山神社の神様で、樫船神社の神様は工事に使う樫の木でできた船を出したと伝わります。大国主命は肥沃な大地となったその土地に桑の木を植えたところから桑田郡と名付けられたとも伝わります。樫船神社は丹波の伝説には無くてはならない重要な神社で、延喜式内社ではありませんが相当古くから祀られていた由緒ある神社です。


樫船神社

三の鳥居(2014年2月)


 亀岡方面から府道6号線の樫田トンネルを越えてすぐのところに神社の二の鳥居があります。神社は山の中腹にあり、二の鳥居を潜るとすぐに朱の三の鳥居が建っています。参道は緩やかな上り坂で、訪ねた日は三の鳥居から先には積雪が残っていました。


樫船神社

境内(2014年2月)


 境内までは10分とかかりません。南丹市の美山町や右京区京北ならともかく、山地とは言え高槻市の神社で残雪の上を歩ける機会は少ないだろうと、楽しい参拝になりました。


樫船神社

本殿覆屋(2014年2月)


 本殿背後の樹木は伐採されていて、ここだけ明るい空間となっています。


樫船神社

横から見た本殿(2014年2月)


 本殿はどっしりとした一間社です。特徴的なのは樫船神社の屋根で、屋根葺き材料は角材を加工したもののようです。柿葺きや桧皮葺といった神社は多く見られますが、これは何葺きと呼べば良いのでしょうか? 以前訪ねた時には気づかなかった(というか、気づくところまでの知識も無かった)部分です。


樫船神社

境内社の八幡宮社(2014年2月)


 境内社は八幡宮社の他に、天照皇大神宮、豊受大神宮など数社ありました。


樫船神社

本殿から見た拝殿と境内の雪


 この辺りも、数日前にはかなり雪が降ったのでしょう。

 参拝を終え、少しだけ近くを歩いてみると、


樫船神社
雪の上にイノシシの足跡が…

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ



樫船神社
 住所:大阪府高槻市田能小字コブケ8(府道脇に駐車スペースがあります)
 御祭神は大己貴(おおなむち)命(=大国主命)。
 貞応元年(1222)に社殿が建立されたと伝わりますが、歴史はもっと古いものと思われます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク