お狩初めの神事

このページでは南丹市の諏訪神社で営まれたお狩初めの神事を掲載しています。

カート


 今日、1月5日の午前10時から、南丹市美山町の諏訪神社で伝統行事のお狩初めの神事が営まれました。諏訪神社は福井県に隣接する同町鶴ヶ岡の氏神様で、地域内各区の代表者が多数参列して厳かに行われました。


お狩初めの神事

諏訪神社 社頭(2014年1月5日)


お狩初めの神事

本殿前での神事(2014年1月5日)


 当地は面積の多くを山林が占め、かつては林業、炭焼きや狩猟が主たる産業でした。神事は名前の通り狩りにまつわる儀礼で、諏訪神社の使わしめである狼が猪や鹿などの獣害を取り除いたと伝わります。

 本殿で玉串の奉納が終わると、宮司はじめ参加者はお隣の客神である八幡宮に挨拶をして諏訪神社での神事は終了します。そしてこのあと、御幣を持った宮司を先頭に宮総代や勢子が弓矢や槍を持って神社を出ます。一行の行き先は御狩り場と呼ばれ、そこに設けられた祭壇に獲物を供えて神事を終えます。美山町誌には「現在は御狩り場を毎年変えて、1年間忌み事のなかった方面の小社へ移動し、型通りの神事を行っている」とありますが、今年は上吉田区の祇園神社が御狩り場になっていました。諏訪神社から祇園神社までは距離があるため、各々車に分乗して上吉田区へ向かいました。


お狩初めの神事

諏訪神社を出る一行(2014年1月5日)


 祇園神社は美山町有数の古刹、山水寺薬師堂の隣です。小さな社の前には多くの神饌が供えられ、中には地元の方が釣ってこられた85cmもある大きなマダイも供えられていました。


お狩初めの神事

祇園神社での神事(2014年1月5日)


お狩初めの神事
供えられた大きなマダイ(2014年1月5日)

 祇園神社でも一通りの神事が行われ、お狩初めの神事は終了です。この神事は山の安全と無事を年頭にあたって神様に約束してもらうためのものなのだそうです。口丹波地域では諏訪神社だけで営まれる神事だと思います。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



諏訪神社
 住所: 南丹市美山町鶴ヶ岡宮脇2
 駐車は表門前に僅かなスペースがあります。
 年末に降った雪が残っていますが、今年に入ってから積もるほどの雪は降らず、例年になく雪の少ない年始だということでした。
 諏訪神社はホームページ口丹波の社で紹介しています。お狩初めの神事も近々ホームページに掲載しようと思っています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク