天岩戸神社

このページでは福知山市の天岩戸神社を紹介しています。

カート


 伊勢神社で式年遷宮が行われようとしていた頃、管理人は福知山市大江町にある元伊勢三社の1つ、天岩戸神社を参拝しました。天岩戸神社は元伊勢内宮と呼ばれる皇大神社の奥宮で、本殿は渓谷に聳える巨岩の斜面に建っています。参拝するには、まず細い階段を川底まで下りなければなりません。川底に到着すると、大きな岩が無数に転がり、転石の先に伏流水が湧きだして深い淵になっています。


天岩戸神社

天岩戸神社下の淵(2013年9月)


 こういった淵や岩場などには「真名井ヶ原」「真名井ヶ池」「楽の堂」「産盥(うぶだらい)」「神楽岩」「御座石」「鶏鳴岩」「鱒池」「鮎返りの滝」など名前が付けられているようですが、御座石以外はどれがどれだか判りませんでした。


天岩戸神社

岩戸渓谷(2013年9月)


天岩戸神社

岩戸渓谷(2013年9月)


天岩戸神社

岩戸渓谷(2013年9月)


 天岩戸神社本殿は、この渓谷の底から見上げる位置にあります。


天岩戸神社

天岩戸神社 本殿(2013年9月)


天岩戸神社

天岩戸神社 本殿(2013年9月)


 社殿手前に太い鎖が上から垂れていて、本殿の正面に立って参拝するには鎖を持って登っていかなければなりません。まぁ、今回はやめておきました。


天岩戸神社

横から見た本殿(2013年9月)


 立地条件から言えば大きな社殿で、よくもまぁこんな場所に建てられたものだと感心してしまいます。

 天岩戸神社は前から1度訪ねたいと思っていました。そして実際に訪ねると、思っていた以上に雰囲気の良い空間で、荒々しさと静寂を兼ね備えた神々の座する場所にふさわしいように感じました。渓谷の岩には夥しい数のギボウシが着生していました。花の時期にはきれいだろうなと、時期外れに訪ねたことを少しだけ後悔しました。


天岩戸神社
御座石(2013年9月)

 社殿の裏にある御座石は、神が座して天降った所と伝わり、天岩戸神社の磐座(いわくら)です。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



天岩戸神社(あめのいわとじんじゃ)
 住所: 福知山市大江町佛性寺206-1
 駐車場は少し離れた皇大神社の近くにいくつか有りそうです。
 御祭神は櫛岩窓戸(くしいわまど)命と豊岩窓戸命の二柱。
 創建等の由緒は不明。皇大神社は社伝によると創祀が崇神天皇39年(BC59?)ということなので、奥宮である天岩戸神社も相当古くから祀られていたのではないかと想像します。「岩戸神社の記」という看板があったので、画像をリンクしておきます。岩戸神社の記(クリックすると看板の画像がでます)

 今回は天岩戸神社のみの参拝で、時間的に皇大神社へは回れませんでした。元伊勢外宮は10年ほど前に1度訪ねましたが、次回は内宮、外宮を一緒に参拝したいと思っています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク