カシワバハグマ

このページでは山野草のカシワバハグマを掲載しています。

FC2


 今年の8月上旬、南丹市の少し深い山に入った時、初めてこの植物と出会いました。その時は、花茎をのばし、ツボミもできていたのですが、これをカシワバハグマだと100%同定する自信がなく、ずっと開花の時期を待っていました。


カシワバハグマ

カシワバハグマ(2013年8月  南丹市)


 カシワバハグマは同じ場所に花茎をのばしたものが3本、他にまだ若い株が数本まとまって生えていました。

 それから半月ほど経った8月下旬、今度は右京区京北の山で遭遇しました。こちらは山といっても集落の中の麓で、観察するには地理的に適した場所でした。
 京北の自生地では、全部で20本以上のカシワバハグマがまばらに生えていて、どれも小さく、ツボミをつけたものは1株しか見つかりませんでした。


カシワバハグマ

カシワバハグマ(2013年8月  右京区京北)


カシワバハグマ

若いカシワバハグマ(2013年8月  右京区京北)


 これらのツボミが開くのを、今かいまかと待ちわびていた矢先、台風18号の豪雨が口丹波を襲いました。家の近くでも降り始めから終わるまでの雨量は340㍉を越え、平地では水害、山地では土砂崩れなど大きな被害が出て、今でも山間部では多くの道路や林道は復旧されていません。これによって、南丹市のカシワバハグマを見に行くことは諦めざるを得ませんでした。
 右京区京北へも、亀岡盆地から通じる道の殆どは通行止めの状態です。唯一国道477号線のみが開通していたので、昨日京北まで行ってきました。

 余談ですが、国道477号の南丹市神吉地区と京北中地間は乗用車同士の離合も困難な箇所が多い狭い道路です。しかし今はこの道しかアクセスできないので、結構通行車両は多くありました。まぁ、それは仕方ないとして、許せないのはそんな道路を10トンの大型ダンプが走ることです。昨日も2台と出会いました。栗尾峠のトンネル工事関連か、基幹林道工事関係か、あるいは全く違うのかは不明ですが、工事の施工企業や施主は、近隣への迷惑防止だけでなく、こういった場所での迷惑運行にも配慮してもらいたいものです。

 台風のお陰で、しなくてもよい苦労をして京北の自生地を訪ねると、カシワバハグマは花を咲かせていました。


カシワバハグマ

カシワバハグマ(2013年8月  右京区京北)


カシワバハグマ
カシワバハグマ(2013年8月  右京区京北)

 花をつけたカシワバハグマは2本ありました。期待通りに花を見ることができて、すっかり気分は晴れていました。

 カシワバハグマの花自体は、同属のコウヤボウキとそっくりです。しかし全体的な草姿は独特で、自分の中では、今年出会いたい花ベスト10に入れていました。そういうことで昨日はとてもいい1日になりました。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



カシワバハグマ(キク科コウヤボウキ属の多年草)
 本州、四国、九州の山地に自生します。今年改訂された京都府レッド・リストでは絶滅危惧種のカテゴリーに入れられました。山野草として育成されることもあるようで、盗掘も減少の一因となっているのかも知れません。自生地周辺を見ると、カシワバハグマは動物の食害にはあまり遭っていないように思えました。秋になり、これから咲く草花探訪にも弾みがつきそうな出会いでした。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク