イズセンリョウ(伊豆千両)

クリックで救える命がある。

 イズセンリョウのイズは漢字で伊豆とありますが、関東以西の本州、四国、九州の山地の湿った日陰に生え、特に珍しい木ではないようです。しかし管理人は今回初めて丹波の山中で出会いました。よく手入れされたスギ木立の谷の山道脇に、たくさんの白い実をつけたイズセンリョウが数株ありました。最初はシロシキブかと思いましたが、シロシキブの実は秋に生るので時期的に違います。とりあえずカメラに収めて帰ってから調べると、イズセンリョウという木でした。
 節分の時期、山中の薄暗い日陰では日中でも霜柱が解けないという環境の中で、イズセンリョウの白い実はよく目立っていました。現在我が家の庭ではマンリョウセンリョウヤブコウジがそれぞれ赤い実をつけています。そこに白い実の木があるのもいいかなと思い、ちゃっかりイズセンリョウの実を少々持ち帰っていたので、ダイスギの根元に蒔いておきました。しかし調べてみるとこの木があまり庭木として利用されていないのは、枝を上ではなく横に這うように伸ばし1~1.5mほど成長する、樹形のよくない木だとわかりました。仮に実の中の種子から芽が出たとして、どのような景観になるのか少々不安です。

イズセンリョウ

イズセンリョウ


イズセンリョウ

同じくイズセンリョウ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ


イズセンリョウ(ヤブコウジ科イズセンリョウ属) 別名はウバガネモチ
 常緑の低木で、伊豆半島の伊豆山神社の森に多く自生していたのでこの名がついたという説があります。
 花期は4-5月頃  直径5mmほどの乳白色をした果実が熟するのは1-2月頃。

 



テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク