アマゴとカジカガエル

このページでは渓流に棲むアマゴとカジカガエルを掲載しています。

FC2


 昨日、京都市内にすむ従妹が小学生の子供をつれて遊びにきました。夏休みの宿題や少年サッカーに多忙な子供は、魚獲りがしたくてこの日を楽しみにしていたようです。でも今の時期、大きな河川はどこへ行っても家族連れや若い人たちで大賑わいです。そこで今年は木陰が多くてゆっくりできる、右京区京北の渓流へ連れて行くことにしました。

 その川は浅瀬が多く、小さな子供でも誤って流されるようなことのない川で、到着して道から川を覗き込んだ子供は、カワムツやタカハヤ、スジシマドジョウが多く泳いでいて、その時点でテンションは最高潮に達していました。

 子供に催促されて一緒に川に入ると、渓流の冷たい水に大人の私も感激です。そして最初に網ですくえたのが、この魚でした。


アマゴ

アマゴ(2013年8月)


 アマゴです。
 この川にアマゴがいることは以前から知っていましたが、まさかこの状況でアマゴが網に入るとは、驚きでした。型としては大物ではありませんが、パーマークが鮮やかで、ヒレなどに傷一つないとても美しいアマゴでした。


アマゴ

アマゴ(2013年8月)


 思わぬ獲物に、子供も私も有頂天です。結局2尾目は獲れませんでしたが、それでもカワムツ、タカハヤ、カワヨシノボリにスジシマドジョウなどはたくさん獲れて、子供にとっては夏休みのいい思い出になったことだと思います。

 そしてこの川では、私にとっても初めての出会いとなるカジカガエルが1匹網に入りました。ヨシノボリを捕まえようと、浅瀬の転石をひっくり返したら、その下にいました。


カジカガエル

カジカガエル(2013年8月)


 口丹波の山地の川では、カジカガエルは特に珍しいカエルではありません。美しい鳴き声を聞くことはよくあります。しかしなかなか姿を見せてくれないカエルで、今回初めて近くで見ることができました。


カジカガエル
カジカガエル(2013年8月)

にほんブログ村 小動物ブログへ



 画像を見る限り、水かきは後ろ足だけにあるようですが、これで流れの速い渓流を泳ぐのですから、よほど強靭な足の持ち主のようです。指先には吸盤が発達しています。これで滑りやすい石の表面にしっかりとくっつくことができるのでしょう。
 それにしてもカジカガエルがこのような色や模様をしたカエルだとは知りませんでした。声は美声だけれど姿は……だと思っていたので少し驚きました。
 小学生の子供に楽しんでもらうことが目的だった水遊びが、実は私が1番喜んでいたのかも知れません。子供のおかげで久し振りに楽しい1日になりました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク