キツリフネ

このページでは山野草のキツリフネを掲載しています。

FC2


 昨年から、口丹波のどこかでこの花に出会えたらいいなと思っていました。もちろん植物園に行けば見られますが、やはり野生のものを見て、自生地の環境なども併せて観察することで、植物に対する理解を深めたいものです。しかし昨年は、残念ながら結局出会うことができませんでした。

 そして今年、つい最近ですが、京丹波町の山間部を訪ねた時、キツリフネとの予期せぬ出会いを果たしました。


キツリフネ

キツリフネ(2013年6月  京丹波町)


 この場所を訪ねた本来の目的は、山地に生えるタデ科植物の観察でしたが、偶然キツリフネと出会って少し興奮しました。

 開花しているキツリフネは1か所で、ほんの数株でした。しかし周辺を歩くと、花をつけずに結実している多くの株が見つかりました。おそらく閉鎖花で、自家受粉での結実だと思われます。


キツリフネ

キツリフネ(2013年6月  京丹波町)


キツリフネ

キツリフネの果実(2013年6月  京丹波町)


 果実はツリフネソウやホウセンカと同じ蒴果で、種が熟すと果皮に少し触れただけで勢いよく種子が四方八方へ飛び出します。
 キツリフネは開花期の最初の頃は閉鎖花を多くつける植物のようです。茎が細くて柔らかく、ひ弱な感じのこの野草は、生長の過程で茎が折れたり、千切れたりする心配があるのでしょうか? 開放花をつけ昆虫による受粉の前に、自家受粉で先に種の存続を図る。閉鎖花は1種の保険のようなものなのかも知れません。

 しかしこれからが、キツリフネの開花のシーズンです。今は閉鎖花をつけているものも、順次開放花を咲かせることでしょう。


キツリフネ

キツリフネの花(2013年6月  京丹波町)


キツリフネ
キツリフネの花(2013年6月  京丹波町)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



キツリフネ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属の1年草)
 全国に分布。山地の渓流沿いや湿った林縁に生え、日光が直接当たるような場所は苦手なようです。上の画像のキツリフネの自生地では、他にオタカラコウ、ウマノミツバ、ハルトラノオ、ハグロソウや何種類かのイラクサの仲間が見られましたが、イラクサ類は殆どがシカによる食害に遭い、まともな草姿のものは皆無でした。
 草丈は80cmほどにもなるようですが、上の自生地では精々50cmまででした。花期は6~8月頃でこれから見頃を迎えます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク