光瑞寺

このページでは南丹市美山町の光瑞寺を紹介しています。


FC2


 京都市からだと、国道162号線の安掛交差点を右折して、美山かやぶきの里方面へ向かいます。かやぶきの里のある北地区の手前に内久保地区があり、光瑞寺はその内久保地区にあるお寺です。

 内久保地区はホサビ山(745m)の北西山麓に位置し、集落とは由良川を挟んで、白尾山(748.5m)中腹からの蓮如の滝が対峙します。

 文明七年(1475年)、越前の吉崎御坊から若狭小浜経由で当地を訪ねた本願寺八世の蓮如上人が草庵に滞在し、その時の庵主で原田重兵衛という人が上人に帰依して剃髪し、了照と改名して、草庵を光瑞寺と改めたのが寺の始まりだと伝わります。


光瑞寺

光瑞寺(2013年6月)


光瑞寺

光瑞寺(2013年6月)


 蓮如の滝に臨む高台に建つ寺は、滝見山と号します。境内に立つ高木はおそらくコウヨウザン(広葉杉)だと思います。幹周は太くはありませんが、とても背の高い樹木でした。


光瑞寺

手水舎(2013年6月)


光瑞寺

本堂(2013年6月)


 どっしりとして立派な本堂です。
 蓮如上人が重兵衛に与えたという六字名号(南無阿弥陀仏)は、寺宝として残っているそうです。

 重兵衛は上人に串柿を勧め、そのことから毎年当寺から本願寺へ串柿を贈るのを慣わしとしたとも伝わります。


光瑞寺

蓮如上人像(2013年6月)


光瑞寺

池のある境内(2013年6月)


光瑞寺

境内から見た奥の庭(2013年6月)


光瑞寺
本堂に掛かる天女の額(2013年6月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



滝見山 光瑞寺(真宗大谷派)
 住所: 南丹市美山町内久保段37  駐車場は有ります。
 ご本尊は木造阿弥陀如来像(市指定文化財)
 内久保地区は希少植物のベニバナヤマシャクヤクの大規模な自生地として注目されています。昨日と今日はそのベニバナヤマシャクヤクの鑑賞会があり、参加した際に当寺にも立ち寄りました。以前から参詣したいと思っていたお寺で、建物も庭も想像していたよりすっと美しくて、僅かな時間でしたが、静寂で落ち着いた雰囲気を堪能できました。

 ベニバナヤマシャクヤクの鑑賞会については、管理人のもう1つのブログ花っていいね!に記事を書いていますので、興味のある方はそちらもご覧ください。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク