ハンショウヅル

このページでは山野草のハンショウヅルを掲載しています。


 自宅から、そんなに離れていないヤマシャクヤクの自生地へ、そろそろ花が咲いていないかと訪ねました。その途中、自生地近くの山の斜面で見たことのない花を見つけ、そばに行きよく見ると、紫色の花はハンショウヅルの花でした。


ハンショウヅル

ハンショウヅル(2013年5月  南丹市)


 ちょうど咲き始めたばかりのようで、花の周辺にツボミの方が多くありました。ハンショウヅルは名前の通りツル性の植物で、低木の無数の細い枝に複雑に絡まり、その根元がどこにあるのかは判りませんでした。
 またハンショウとついたのは、昔、火の見櫓の上に吊り下げられ、火事があった時に打ち鳴らされた半鐘を指し、花の形が半鐘に似ているためということです。現在の火の見櫓には半鐘の代わりにサイレンが設置され、梯子を上って鐘を鳴らすようなことはないので、知らない人も多いのではないかと思います。


ハンショウヅル

ハンショウヅル(2013年5月  南丹市)


ハンショウヅル

ハンショウヅル(2013年5月  南丹市)


 紫色が美しい、山でも目立つ花ですが、口丹波で出会ったのは初めてでした。

 図鑑などで調べると、ハンショウヅルの果実は面白い形をしているようなので、また秋口頃に訪ねてみようと思っています。


ハンショウヅル
ハンショウヅルの葉(2013年5月  南丹市)

 ハンショウヅルを見てから、ヤマシャクヤクも見てきたので、その画像も載せておきます。


ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク(2013年5月  南丹市)


 小さな群落で、1個だけ咲いていました。他の株には膨らんだツボミがたくさんついていました。


ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤクのツボミ(2013年5月  南丹市)


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ハンショウヅル(キンポウゲ科センニンソウ属のツル性低木)
 東北地方南部以南の本州と九州に分布し、花期は5-6月頃。
 山地の林縁などに自生します。茎は3~5㍍ほどで、他の樹木に巻きつきます。
 この仲間には、園芸店でもお馴染みのテッセンなどがありますが、花はテッセンのように全開しません。

 白花のヤマシャクヤクは地方によっては希少種となっているようですが、口丹波には比較的多く自生しています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 下の株は赤いですねえ、時期的に見てもベニバナヤマシャクヤクかもしれませんよ。
めしべの数と柱頭の形で区別します。
京都府のは色が薄いのが多いらしくて白花のベニバナヤマシャクヤクも多いらしい。
絶滅寸前種で採取も栽培もお縄になります。

Re: No title

 はるさん
 こんばんわ。この自生地ではもうすぐ多くの花が咲くので、
次回訪ねる時にまだ花があれば確認してみますね。
 ただ、今回画像は掲載していませんが、葉の裏側も
写真に撮りました。葉の裏には毛が生えていませんでした。
もしベニバナだとすれば、ケナシベニバナヤマシャクヤク
という可能性がありますが、京都府には記録がないのでは
ないでしょうか?
 ベニバナと確認できれば、また掲載しますね。
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク