古岩神社の旧社殿

このページでは京丹波町にあった古岩神社の旧社殿を掲載しています。

FC2


 先日、京都新聞の朝刊に、新築されて5月26日に竣工式が予定されている、京丹波町井脇の古岩神社の記事が出ていました。

 もともと古岩神社は集落の西に位置する低い山の頂にあり、麓の鳥居を潜ってから約300㍍ほど徒歩で登らないと参拝ができず、高齢者や体の不自由な人にとって参拝したり祭礼に参加するのは困難な神社でした。

 管理人は、この神社を2010年11月に1度訪ねています。訪ねた日は好天過ぎて、当時持っていたコンデジで写真を撮ってもコントラストが強烈で、すべての画像を没扱いしていました。また機会があれば再度訪ねようと、その時はそう考えていたのですが、次に訪ねようとした時には新社殿の工事が始まっていて、参道を登ることを諦めました。折しも当地は京都縦貫道の延伸工事の真っ最中で、ダンプの往来も激しい時期でした。

 そこで、今までアップしなかったひどい画像ですが、旧社殿を訪ねた記録として掲載しておこうと思います。


旧古岩神社

旧古岩神社 社頭(2010年11月)


 鳥居の近くには、手水舎、狛犬、不明な末社、稲荷社がありました。狛犬の阿形の石の台の下に、ミツバチが営巣しているようで、ハチが頻繁に出入りしていました。


旧古岩神社

旧参道(2010年11月)


旧古岩神社

旧参道(2010年11月)


旧古岩神社

旧参道(2010年11月)


 神社までの登りはなだらかな坂でした。ちょうどいい有酸素運動だな、と感じた記憶が残っています。


旧古岩神社

旧拝殿(2010年11月)


 拝殿も古く、四方から支えられていました。


旧古岩神社

旧本殿覆屋(2010年11月)


旧古岩神社

二間社の旧本殿(2010年11月)


旧古岩神社

旧境内社(2010年11月)


 中に社名や祭神が不明な末社が4社祀られていました。


旧古岩神社
意外と広かった旧境内(2010年11月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



古岩神社
 住所; 船井郡京丹波町井脇
 駐車場はありません。
 御祭神は、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)の三柱。 旧社格は村社。
 創建等の由緒は不明ですが、社誌に貞享元年(1684年)の造営(上の画像の本殿)とあるようです。このたび遷座される新本殿は一間社流造で、昨年5月に着工され、1年かけて建てられたものだそうです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク