生身天満宮の梅2013

このページでは南丹市の生身天満宮の梅の花を掲載しています。


カート


 昨日、見頃を迎えた生身(いきみ)天満宮の梅を見てきました。と言ってもちょっと立ち寄っただけで、観賞したとまではいきませんが、何枚か写真を撮ったので掲載します。


生身天満宮の梅

生身天満宮  梅園の梅(2013年3月)


生身天満宮の梅

生身天満宮  梅園の梅(2013年3月)


生身天満宮の梅

生身天満宮  梅園の梅(2013年3月)


 梅園は柔らかな梅の香に包まれていました。

 生身天満宮の生身とは、九州に下られた菅原道真公がまだ存命中に祠が建ち祀られたところから付けられた名前で、日本最古の天満宮と言われています。

 鳥居を潜ったところにある梅園の紅白の梅は、丁度今が見頃で、明日3月24日の午後1時から梅花祭神事が営まれ、梅園内の茶室でお茶席も設けられるようです。

 梅園を出て参道を上って行くと、境内にも大小たくさんの梅が植えられていました。


生身天満宮の梅

境内の梅(2013年3月)


 参道の石段を上り切ったところにあった梅です。淡いクリーム色の花で、一番気に入った花です。


生身天満宮の梅

境内の梅  バックは本殿(2013年3月)


生身天満宮の梅

境内の梅  バックは本殿(2013年3月)


生身天満宮の梅
境内の梅  バックは本殿(2013年3月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



生身天満宮
 住所: 南丹市園部町美園町1号67番地  連絡先: TEL:0771-62-0535
 生身天満宮公式WEBサイトはコチラ

 管理人のホームページ口丹波の社 生身天満宮のページはコチラ


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク