亀岡市のアユモドキについて

このページでは開発とアユモドキの生存についての雑感を書いています。

ョッピングカート


 3月13日の京都新聞(朝刊)に、「球技場でアユモドキ危機」という記事が出ていました。京都府と亀岡市が推進する球技場(2万5千人ほど収容できて、パープルサンガに使ってもらいたいと思われているようです)の建設予定地が、国の天然記念物に指定されているドジョウ科の魚類、アユモドキの僅かな棲息域と重なるために、日本魚類学会日本生態学会の専門委員会及び関西自然保護機構の3団体が、保護を求めて計画の見直しを求める要請を府と市に行ったという内容です。

 アユモドキは全国で、亀岡市と岡山県の2ヵ所、計3ヵ所にしか棲息していません。その亀岡市のアユモドキが、球技場建設予定地の水田を(おそらく産卵のために)回遊しているというのです。

 府と市は、予定地(12.8ヘクタール)の内、3.6ヘクタールをアユモドキとの「共存ゾーン」として確保してあると主張しています。1ヘクタールは10,000㎡(100mX100m)です。
 この3.6ヘクタールを府や市は十分だと考え、上記3団体は狭いと考えています。みなさんはどう思われますか?  アユモドキの体長は約15cmです。私はとっても狭いと考えています。アユモドキは魚で、水の中でしか暮らせないわけで、共存ゾーンの面積全体で暮らせるわけではないのと、人や車が多く集まる環境にアユモドキが慣れてくれるとも思いません。

 しかし球技場ができたら、ましてやパープルサンガが来てくれたら、地元にとっては大きな経済効果が出るという皮算用や、一部の人たちの実績作りのために、亀岡市などはやる気満々のようなのです。

 パープルサンガといえば、地元京都の一流企業が挙ってスポンサー企業になっています。その中には国内はもとより海外でも植林事業を行ったりする、環境重視をPRしている企業もあったと思います。もし京都においてアユモドキが絶滅に追いやられたら、それでもパープルサンガがこの球技場を使うことに賛成するのでしょうか?京都の企業は、技術だけでなく文化的にも世界の中で一流だと信じています。もちろんパープルサンガも。

 新聞には、府と市が新年度から生態系への影響を抑えた工法などの調査を始める方針で、府は専門家の意見を聞き、保全に努める、とありました。「保全に努める」とは、後戻りはしない、ということなのでしょう。専門家とは、アユモドキにとっては上記3団体が専門家だと思いますが、土木の専門家という意味なのでしょうか?

 この事業の主体である京都府のホームページには、レッドデータブックというカテゴリーがあります。そこには以下のように書かれています。

 アユモドキ(府の絶滅寸前種・国指定天然記念物)

   生息地の現状

  府内では、桂川水系に属する八木町の用水路にもっとも多く生息することが知られている。
 この生息場所は現在、京都の自然200選の動物部門に選ばれ、本種自体も“八木町の魚”に指定
 されている。


 生存に対する脅威

  護岸の改修やコンクリート化による成魚の生息域の減少、水田地帯の圃場整備による本種の
 産卵場へのアクセス経路の遮断、水路の水供給停止による断片的な生息場所の消失。


 必要な保全対策

  成魚の隠れ家となる川や用水路の石垣護岸を残すこと、一時的水域への産卵親魚の進入路、
 稚魚の水路への待避路の確保、灌漑期以外にも水路に水を供給することなどが必要である。

 関係法令

  文化財保護法(天然記念物「地域定めず」)

 このレッドデータブックが作成されてから、今日までに八木町(現南丹市)のアユモドキは絶滅しました。圃場整備事業がその原因です。圃場整備事業にも府の言うところの専門家が係わっていたのではないでしょうか? 絶滅させたら上記の文化財保護法違反になると思うのですが、誰も罰せられていません。

 そもそも、他に候補地があったにも関わらず、わざわざ亀岡市の、それも文化財保護法で守られている生物が生息している場所を選定した人たちの気が知れないというのが、私の本音です。行政がいつまでもこんなことをしている限り、日本は先進国にはなれないように思えて悲しくなってきます。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
クリックで救える命がある。


 ※ ( )内は管理人が勝手な思いで書いているもので、新聞の記事中にはありません。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク