ジョウビタキのお宿

このページでは自宅周辺をテリトリーにしているジョウビタキを掲載しています。

FC2


 離れの玄関先にある垂れ壁の内側に、壊れたツバメの巣があります。見た目も悪いので取り除こうかとも思ったのですが、翌年にやって来るツバメもいるだろうと、そのままにしてありました。その巣は昨年、卵が孵化する前にカラスによって壊されたものでした。

 3日前の夜、何気なくその巣に目が行くと、空家のはずのツバメの巣に何かがいます。


ジョウビタキ

壊れたツバメの巣に小鳥の影が(2013年2月)


 照明の明かりが届きにくい場所で、最初は暗い影にしか見えませんでしたが、目を凝らして見るとジョウビタキのようでした。

 おそらく、昨年から家の周辺をテリトリーにして飛び回っているジョウビタキのオスだと思います。


ジョウビタキ

今年自宅で撮ったジョウビタキ(2013年1月)


 ジョウビタキの中には日本で繁殖するものもいるようですが、京都では冬鳥です。毎年11月頃に姿を現し、最初の頃はテリトリーを巡ってオス同士が争うところをよく目にします。
 家の周辺をテリトリーにしたこのジョウビタキは、採餌は専ら近所の畑に決めているようで、昼間自宅の庭に現れることはあまりありません。しかし宿は家に決めているようで、翌日も同じようにツバメの巣で眠っていました。

 ここなら吹雪も雨風も防げて、森や竹林で眠るより快適です。何て利口なヤツなんだろうと感心します。

 ジョウビタキが安眠しているところに外灯を点け、「宿代を取らない代わりに写真を撮らせてもらうよ」と話しかけて、シャッターを押しました。


ジョウビタキ
外灯を点けられて迷惑そうなジョウビタキ(2013年1月)

にほんブログ村 小動物ブログへ



 ストロボを使えば驚いて逃げるので高感度で撮りました。しかしカメラとジョウビタキの距離は2㍍もありません。
なのにジョウビタキに慌てたような素振りはなく、物凄く肝の据わった小鳥です。
 しかしこうして野生の生き物の方から近付いてきてくれると、何とも嬉しいものです。生まれ故郷に帰る日まで、毎晩やって来て欲しいと思っています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク