2013丹波篠山紀行(2)大芋地域の神社

このページでは篠山市大芋地域の神社6社を掲載しています。

FC2


 訪ねた順番で言えば、大芋(おくも)地区は最後なのですが、こちらの方から掲載していきます。

 大芋地域は篠山市北東部で、京都府船井郡京丹波町と接する、口丹波に近い兵庫丹波地域です。かなり広いエリアで多くの神社がありますが、中でも兵庫丹波全体でみても唯一の延喜式内名神大社(2座)で、旧丹波国内名神大社4社の中の1社である櫛石窓(くしいわまど)神社が福井地区にあります。しかし櫛石窓神社はこれまでに何度か訪ねているので今回はパスして、大藤地区の若宮神社、立金地区の大杉神社、市野々地区の八幡神社、宮代地区の八幡神社、中地区の一ノ宮神社、小原地区の梅田神社を回って来ました。

 大藤地区は大芋地域では最も東に位置する山間の集落でした。集落に通じる道路から、山腹に祀られた若宮神社へと石段の参道がつけられていました。
 参道を少し上った所に2基の石燈籠が建ち、2本のスギの巨樹が聳えていました。


若宮神社

若宮神社 参道(2013年2月)


若宮神社

若宮神社 参道(2013年2月)


 鬱蒼とした森の中の神社です。


若宮神社

若宮神社 本殿覆屋(2013年2月)


若宮神社

一間社の本殿(2013年2月)


 山腹ということで境内は広くはありませんが、なかなか雰囲気のいい神社でした。

若宮神社
 住所: 篠山市大藤1   連絡先は佐佐婆神社(079-552-2418) 
 創建等の由緒は不明。 御祭神は若宮大神。  旧社格は村社。


 次に、立金地区の大杉神社を訪ねました。こちらも山腹に鎮座されていました。


大杉神社

大杉神社 社頭(2013年2月)


大杉神社

参道(2013年2月)


 参道はどのくらいのびているのだろうと思いながら歩いて行くと、正面のカーブを曲がったらすぐに社殿が見えました。


大杉神社

大杉神社 境内(2013年2月)


大杉神社

本殿覆屋(2013年2月)


大杉神社

一間社の本殿(2013年2月)


 本社は、最初は社殿背後の大木2本をご神木として祀っていたと伝わります。

大杉神社
 住所: 篠山市立金100   連絡先は佐佐婆神社(079-552-2418)
 創建等の由緒は不明。 御祭神は大杉大神。  旧社格は村社。


 道なりに、次は市野々地区の八幡神社へ行きます。


八幡神社

八幡神社 社頭(2013年2月)


 市野々地区の八幡神社は道路に面した平地にあり、探す必要はありませんでした。


八幡神社

本殿覆屋(2013年2月)


八幡神社

一間社の本殿(2013年2月)


八幡神社

本殿の彫刻(2013年2月)


 本殿の彫刻も美しかったのですが、何より本社を印象付けるのは、本殿と末社の背後にある巨岩の磐座(いわくら)でした。


八幡神社

八幡神社の磐座(2013年2月)


八幡神社

磐座(2013年2月)


 右手の鉄柵がしてある所は岩が大きくえぐれていて、昔ここには大きな蜘蛛が棲んでいたという伝説が残っているそうです。大芋(おくも)の由来だという説もあるようです。

八幡神社
 住所: 篠山市市野々767   連絡先は佐佐婆神社(079-552-2418)
 創建等の由緒は不明。  御祭神は八幡大神(応神天皇)。  旧社格は村社。


 次に訪ねたのは、宮代の八幡神社です。市野々の八幡神社とは本家分家の関係ということですが、どちらが本家でどちらが分家かはわかりません。


八幡神社

八幡神社 社頭(2013年2月)


 赤い鳥居がよく目立つ神社です。


八幡神社

本殿覆屋(2013年2月)


 境内には安永八年(1779年)の石燈籠がありました。


八幡神社

一間社でも大きな本殿(2013年2月)


八幡神社

本殿から見た拝殿と宮代の田園風景(2013年2月)


 境内がとってもコンパクトな神社でした。

八幡神社
 住所: 篠山市宮代18  連絡先は佐佐婆神社(079-552-2418)
 創建等の由緒は不明。  御祭神は八幡大神(応神天皇)。  旧社格は村社。


 5社目は中地区の一ノ宮神社ですが、この神社の所在地がなかなか判らなくて、周辺を行ったり来たりして、結局畑で作業をされていた地元のご婦人に尋ねてようやく辿り着くことができました。


一ノ宮神社

一ノ宮神社 社頭(2013年2月)


一ノ宮神社

石段の参道(2013年2月)


一ノ宮神社

拝殿(2013年2月)


 森に囲まれたいい雰囲気の境内です。


一ノ宮神社

本殿覆屋(2013年2月)


 覆屋の中の本殿は一間社で、全体に施された彫刻は見事の一言に尽き、しばらく見惚れてしまいました。


一ノ宮神社

本殿彫刻(2013年2月)


一ノ宮神社

本殿彫刻(2013年2月)


一ノ宮神社

本殿彫刻(2013年2月)


 下世話な話になって恐縮ですが、以前亀岡市のある神主さんから、神社を新築する場合、坪1,000万円が相場だと聞かされました。一ノ宮神社の場合はいくらぐらいだろうか? と思わず考えてしまいました。

一ノ宮神社
 住所: 篠山市中98  連絡先は佐佐婆神社(079-552-2418)
 創建等の由緒は不明。  御祭神は溝咋耳(みぞくいみみ)命、天櫛耳(あめのくしみみ)命、宇賀魂(うかのみたま)命。  旧社格は村社。


 今回の大芋地域巡りの最後は、小原地区の梅田神社です。


梅田神社

梅田神社 社頭(2013年2月)


 鳥居の扁額には正一位梅田大明神と書かれています。


梅田神社

本殿覆屋(2013年2月)


梅田神社

覆屋内の本殿(2013年2月)


 覆屋の中は暗くて、本殿全体を上手く写真に収めることができませんでした。梅田神社の本殿彫刻もまた、一ノ宮神社に負けず劣らずの見事さでした。


梅田神社

本殿彫刻(2013年2月)


梅田神社

本殿彫刻(2013年2月)


梅田神社

本殿彫刻(2013年2月)


梅田神社

本殿彫刻(2013年2月)


梅田神社

本殿彫刻(2013年2月)


 梅田神社の場合は本殿の彫刻だけでなく、本殿や末社の背後の磐座や、宮池など境内全体が落ち着きのある神聖な雰囲気を持った神社でした。国道173号線を通る時にいつも鳥居と大きな石燈籠は見ていたのですが、これほど素晴らしい神社だとは思ってもいませんでした。


梅田神社

宮池(2013年2月)


梅田神社
手水鉢(2013年2月)

梅田神社
 住所: 篠山市小原6  連絡先は佐佐婆神社(079-552-2418)
  創建等の由緒は不明。  御祭神は梅田大神。   旧社格は村社。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ



 大芋地域の神社を急ぎ足で回りました。どちらの神社も味のあるいい神社でした。また再訪したくなる神社もありました。たまにこうして口丹波を出て、近隣の神社を巡るのもいいのもだと思いました。

 なお、当ページ内の各神社の住所や連絡先、御祭神名などは、兵庫県神社庁のWEBを参考にさせていただいています。ただ一ノ宮神社の御祭神だけは神社にあった札を見たもので、同神社庁では一ノ宮大神となっていました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク