サジラン

このページではシダ植物のサジランを掲載しています。


 昨年の12月、南丹市の某神社を訪ねた時、神社近くにあったイチョウの木に着生している小さなシダの塊を見つけました。その日は曇天で、しかもシダは結構高所に生えていて、その部分は陰になっていたので、ウラボシ科のシダだろうとは思いましたが、種類までは判りませんでした。


サジラン

暗い場所に生えていた着生シダ(2012年12月  南丹市)


 シダが生えているのは、樹幹の本来なら日当たりの良い側なのですが、夕方に近かったせいで薄暗い陰ができていたようです。

 年が明け、今度は小春日和の正午過ぎに観察してきました。観察と言っても高倍率のレンズは持っていないので、詳細部分まで写せたわけではないのですが、ざっと見た感じがサジランのようなので、ここではサジランとして紹介しています。よく似たものに同属のイワヤナギシダがありますが、京都府下では40年以上も見つかっていないそうなので除外しました。


サジラン

サジラン(2013年1月  南丹市)


 1番目の写真と同じものですが、晴れた日には葉の色がはっきりと判ります。
 着生しているイチョウの木は太い幹の老木で、サジランの反対側の日陰部分にはコケが大量についていました。


サジラン

サジラン(2013年1月  南丹市)


 尖ったサジランの葉先には小さなツララが下がり、水滴を落としていました。殆ど毎朝、氷点下に下がる山地の樹上でも、サジランは元気に緑を保っていました。


サジラン
サジラン(2013年1月  南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



サジラン(ウラボシ科サジラン属の多年草)
 常緑の着生シダで、岩上や樹幹に着生します。
 福島県以西の本州、四国、九州に分布。本州の日本海側では福井県嶺南地域が北限とのことです。また渓流や沢沿いで、空中湿度の高いところに自生します。
 京都府自然環境目録の中に、シダ植物は264種類が記載されています。(2013.1.18現在)それを見ると、非常に多くの種類がレッド・データブックの何れかのカテゴリーに入り、絶滅が危惧されています。サジランはまだその中には入っていませんが、だからと言ってそうあちこちで見られるシダでもないように思えます。環境の変化に敏感なこういったシダ植物が、いつまでも口丹波地域には残ってほしいものです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク