丹波基督教会氷所会堂址(2) 八重の桜

このページでは丹波基督教会氷所会堂址で行われた滝桜の植樹式を掲載しています。


FC2


 11月5日に掲載した丹波基督教会氷所(ひどころ)会堂址の記事の続編です。前回の記事中の誤りと、不確かだった部分で判ったところもあり、ここで訂正も兼ね改めて紹介することにしました。

 12月9日の今日、午前10時から丹波基督教会氷所会堂址で三春滝桜の苗木の植樹式が行われました。
 実物は見たことがありませんが、三春滝桜というのは日本五大桜、あるいは三大巨桜と称される、樹齢1000年以上のベニシダレで、国の天然記念物に指定されているサクラです。

 三春滝桜の苗木は、京都府とJA京都中央会が東日本大震災の復興支援の一環でJA福島中央会を支援し、そのお礼に譲り受けたものです。福島県は新島八重のふる里であり、その縁で新島襄ゆかりの当教会堂址地に植樹されることになりました。


八重の桜

滝桜贈呈・植樹式(2012年12月9日)


 滝桜の贈呈・植樹式には、福島県から来られたJA福島中央会の方、京都府知事代理、地元南丹市や氷所区の代表らが参集されました。
 管理人は会堂の中に初めて入らせていただきました。前回の記事では、今の会堂を「平成13年に建てられた」と書きましたが、実際は平成15年に改修されたということでした。確かに天井の梁などは古い無垢の木材が使われていました。


八重の桜

会堂の天井(2012年12月9日)


 会堂址の案内板(前回訪ねた時には堂内にあって見ることができませんでした)にはこう書かれていました。

「明治8年京都に同志社が創設される。校長新島襄の指示に従い宣教師や学生たちが丹波に伝道活動を行う。明治17年丹波教会設立。会堂(船枝会堂)建築される。明治19年新島襄自ら丹波伝道に参加。この地氷所にも人見次郎八ほか多くの求道者起こる。明治26年4月26日氷所会堂完成。 昭和になり氷所の教勢は次第に衰え、会堂は貸与の後売却され納屋となったため、昭和34年敷地内に『氷所会堂址』記念碑が建立される。しかし建物自体は風雪によく耐え、まさに朽ち落ちる直前の平成15年3月31日に八木町によって修復される。」

 前回の記事では曖昧にしていましたが、氷所会堂には確かに新島襄が深くかかわっていたようです。


八重の桜

滝桜の贈呈式(2012年12月9日)


八重の桜

滝桜の植樹式(2012年12月9日)


 氷所区は名前に氷とあるように、昔は夏に御所へ届ける氷を貯蔵するための氷室のあった地で、この日の早朝も大変冷え込んでいました。しかし式典の間はよく晴れ渡り、心地よい空気の中での植樹式でした。


八重の桜

滝桜の苗木(2012年12月9日)


 苗木と言っても10㍍以上ありました。10tonトラックで運ばれて来たそうです。


八重の桜

記念撮影(2012年12月9日)


 式典は約1時間で終了しました。

 会堂址と共に、八重の桜と名付けられた滝桜は、この先長く地元のシンボルとなることだと思います。

 最後に、会堂の中には、自筆でしょうか、新島襄の書が揚げられていました。


八重の桜
新島襄の書

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



丹波基督教会氷所会堂址
 住所: 南丹市八木町氷所河原
 問合せ先は南丹市役所。
 JRの最寄り駅は八木駅。
 公共交通機関(バス)もありますが、本数は少なく、自動車かタクシーを推奨します。ただし会堂は施錠してあることの方が多いので、内部の見学を希望される場合は必ず事前に南丹市役所へ問合せした方がいいでしょう。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク