丹波基督教会氷所会堂址

このページでは南丹市にある丹波基督教会の会堂址を紹介しています。

FC2


 来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」は、同志社大学を創設した新島襄の妻・八重が主人公ということで、八重の足跡を訪ねて京都にも多くの観光客がやって来られることだと思います。

 南丹市には八重ではなく、新島襄が設立したと地元で伝わる教会の跡地が残っています。それが、丹波基督教会氷所(ひどころ)会堂址です。


丹波基督教会氷所会堂址

丹波基督教会氷所会堂址(2012年11月)


 新島襄(1843~1890)が同志社を創設したのは明治8年(1875年)で、丹波教会は明治19年に設立されたそうです。同志社開校後、京都市やその周辺地域では、活発なプロテスタントの布教活動が行われ、口丹波(南丹)地域でも盛んに伝道されたということです。丹波教会設立に新島襄が深く係わっていたことは間違いないと思われます。

 八木町誌には、「明治20年頃から、黒住教、金光教、キリスト教、天理教、妙霊教と、各宗派神道等が入り乱れてきたが、云々」とあり、丹波教会は丹波のキリスト教伝道の中心だったみたいです。


丹波基督教会氷所会堂址

丹波基督教会氷所会堂址(2012年11月)


 現在の建物は平成13年(2001年)に建てられたもので、それ以前にあった建物のことを土地の古老に尋ねると、解体される60年ほど前には既に古い木造の建物だったらしく、明治の建物が平成の時代まで残っていたのかも知れません。


丹波基督教会氷所会堂址
丹波基督教会氷所会堂址(2012年11月)

 建物は南丹市が管理しています。この日は会堂もトイレも鍵がかけられていて、中を覗くことはできませんでした。

 現在は氷所区内にキリスト教の信者のお宅はないようですが、明治時代には近隣を含めて多くの信者が、この会堂に集まったことだろうと思うと、その時代の当地一帯はどのような土地だったのか興味が湧いてきます。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



丹波基督教会氷所会堂址
 住所: 南丹市八木町氷所河原
 問合せ先は南丹市役所。
 口丹波地域では最古級の教会だったと思います。教会の前から遊歩道が整備され、住民の散歩やウォーキングに利用されています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク