シロマダラ

このページでは日本産爬虫類のシロマダラを掲載しています。

FC2レンタルサーバーLite


 庭の草花に水やりをしている時、足元に小さなヘビがいることに気がつきました。死んでいるみたいに動かないので、誤って踏んづけてしまったのかと思いましたが、それよりも、そのヘビの体色を見て驚きました。

 横たわっていたのは、ネットで写真しか見たことのないシロマダラにそっくりだったのです。

 慌ててカメラを取りに行き、写真を撮ろうとするとスイッチが入りません。そう言えばいつも使っているカメラは、先日近所の祭りを撮影している最中に故障してしまい、明日修理に出す予定だったことを思い出しました。
 再度、慌てて以前使っていたコンデジを持ちだしてヘビのもとに戻ると、ニョロニョロと這って逃げようとしていました。寸前のところで、写真に納まってくれました。


シロマダラ

シロマダラ(2012年10月下旬 自宅)


 昨年6月、タカチホヘビがやはり自宅で見つかり、当ブログにアップしました。タカチホヘビもシロマダラも、めったに人前に出ないので幻のヘビとまで言われています。その2種のヘビが、こともあろうに白昼堂々と管理人の庭に出現するとは、家の庭は余程ヘビのお気に入りなのかも知れないと、喜んでいいのかどうか複雑な気持ちになります。


シロマダラ

シロマダラ(2012年10月下旬 自宅)


 このシロマダラは、体長約25㌢ほどのまだ子供です。よく見ると眼が腫れて白く濁っています。脱皮前なのか、 脱皮後でも眼だけ古い鱗が残っているのか、あるいはまた眼病なのか? よく判りません。シロマダラは夜行性のヘビなので、眼はそれほど重要ではないと考えられますが、病気だったら可哀想です。

 タカチホヘビの時と違って、今回は捕獲して、今は空いていた60㌢水槽に入れています。調べるとシロマダラはトカゲなどを食べる爬虫類食のヘビだとか。長く飼育することは無理なようです。鳥肉でも食べてくれれば管理人でも飼育できるかも知れませんが、2、3日様子を見て判断しようと思っています。


シロマダラ
一先ずプラケースに写したシロマダラ(2012年10月下旬 自宅)

にほんブログ村 小動物ブログへ



シロマダラ(ナミヘビ科マダラヘビ属)
 日本固有種。 北海道の一部地域、本州、四国、九州に分布。成体の体長は70㌢程度。
 京都府のRDBでは要注目種。府内での棲息に関する情報は大変乏しいようです。
 今にして思えば、シロマダラは道路で轢死したものを過去に見たような、曖昧な記憶があります。またヘビを見慣れた田舎の人は、このヘビと出会っても、アオダイショウやシマヘビ同様、特に珍しいと思うことも少ないので、情報が集まらないのではないかと思います。
 ただ管理人は、生きたシロマダラと出会ったのは初めてで、ちょっと感動しました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク