タムラソウ

このページでは野草のタムラソウを掲載しています。


 山間部の耕作放棄された水田跡の畦道に、アザミのような花が1個だけ咲いていました。アザミは種類が多くて、名前を同定するのが難しい植物なので、後の比較資料とするために、見かけると写真を撮るようにしています。


タムラソウ

雑草の茂る水田跡に咲くアザミのような花(2012年10月中旬 京丹波町)


 この花、花の姿形はアザミにソックリですが、近づいてよく見ると葉の形が違います。アザミのようなゴワゴワした感じもありません。


タムラソウ

この野草の葉(2012年10月中旬 京丹波町)


 帰宅してから調べると、この植物はアザミ属ではなく、タムラソウという名前の野草でした。口丹波にタムラソウがどれほど自生しているかは知りませんが、初めて見る花でした。


タムラソウ

タムラソウ(2012年10月中旬 京丹波町)


タムラソウ

タムラソウ(2012年10月中旬 京丹波町)


 自生場所は水田跡という、湿気た泥土で、谷から流れる細い水路は昔のままでコンクリートは使われていません。その湿地にはタデ科の植物や、イネ科の植物、またキク科のサワヒヨドリなどが咲き、水路の法面にはノコンギクが群生していました。そして水路を100㍍ほど遡ると、そこにはミズゴケが多く自生していました。
 限られた、僅かな面積しかありませんが、ここには昔ながらの懐かしい自然が残されていました。


タムラソウ
タムラソウ(2012年10月中旬 京丹波町)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



タムラソウ(キク科タムラソウ属の多年草)
 本州、四国、九州に分布。 花期は8~10月頃。
 ここに掲載したタムラソウの草丈は40㌢ほどでしたが、大きいものだと150㌢近くにもなるようです。
 同じ場所で、他にもないかとしばらく辺りを探してみましたが、見つかりませんでした。どこか遠くから種が運ばれてきて、ここに定着したものと思われます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク