加舎(かや)の還幸祭(2012年)

このページでは亀岡市加舎地区で行われた還幸祭の模様を紹介しています。

FC2Lite


 亀岡市本梅町の西加舎地区(加舎神社)と東加舎地区(屋磨内神社)合同で行われる還幸祭が、10月7日にありました。
 還幸祭は、加舎神社(女神)と屋磨内神社(男神)の神様が夫婦神と伝わるところから、それぞれの神社から1基の神輿が、還幸祭前夜に西加舎地区の御旅所に移され、祭り当日の午後1時半過ぎに御旅所を出発します。


加舎の還幸祭

出発前の御旅所


 左側の神輿が加舎神社の神輿で、右側が屋磨内神社の神輿です。どちらも大変立派な神輿ですが、加舎神社の神輿の方がかなり重いのだそうです。そのため担ぎ手の数も多くなっています。


加舎の還幸祭

出発前の御旅所  お祓いをうける担ぎ手たち


 神職らしき方は見当たりませんでした。


加舎の還幸祭

御旅所を出発する屋磨内神社の神輿


加舎の還幸祭

御旅所を出発する屋磨内神社の神輿


 午後1時40分頃、屋磨内神社の神輿から先に出発です。西加舎地区の住宅街に向かって練り歩きます。その後を小型トラックに乗った、威勢のよい子供太鼓が続きます。立って太鼓を叩く子供たちは、よろけないように裏から保護者に支えてもらっています。みんないい笑顔です。


加舎の還幸祭

子供太鼓の出発


 屋磨内神社の神輿が100㍍ほど先へ行ったところで、加舎神社の神輿が出発します。神輿は子供太鼓の後に続きます。


加舎の還幸祭

御旅所を出発する加舎神社の神輿


加舎の還幸祭

御旅所を出発する加舎神社の神輿


 ここから2基の神輿と子供太鼓は、東西加舎地区の長い道のりを練り歩きます。


加舎の還幸祭

加舎の還幸祭


加舎の還幸祭

加舎の還幸祭


 西加舎の集落内の道はどこも狭く、神輿が何かにぶつからないかと心配になる場面もありましたが、担ぎ手は力を合わせ、器用にすり抜けていきました。


加舎の還幸祭

加舎の還幸祭


加舎の還幸祭

加舎の還幸祭  西加舎・弁財天宮前


加舎の還幸祭

加舎の還幸祭  西加舎地区の折り返し点


 ここで休憩して、2基の神輿と子供太鼓は一旦御旅所まで戻ります。

 御旅所に戻って、今度は加舎神社の神輿を先頭に東加舎地区に向かいます。


加舎の還幸祭

加舎の還幸祭  後方の屋磨内神社の神輿


加舎の還幸祭

加舎の還幸祭


 神輿は国道477号線を川西方面に向かい南進します。もちろんこの時は京都府警による交通整理が行われます。

 そして東加舎地区の南の折り返し点でUターンして、もと来た国道を戻ります。


加舎の還幸祭

加舎の還幸祭


 2基の神輿は国道上で分かれ、それぞれの神社に帰って行きます。


加舎の還幸祭

屋磨内神社へ帰る神輿


加舎の還幸祭

屋磨内神社の社頭に到着した神輿


 この時、時計は4時を回っていました。屋磨内神社は緩やかな斜面の山の中腹にあります。担ぎ手にはキツイ坂道です。


加舎の還幸祭

屋磨内神社に到着


 社務所ではおいしいお酒が待っていたようです。

 この頃、加舎神社の神輿と子供太鼓も、神社に到着していました。


加舎の還幸祭

加舎神社に到着


加舎の還幸祭
子供たちもお疲れさまでした

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



加舎地区の還幸祭
 2つの神社の神様が夫婦という夫婦神事は、南丹市八木町の幡日佐・氷室両神社と大送神社との間でも行われていますが、南丹市の神事は氷室大明神(男神)と大送大明神(女神)との結婚の神事であるのに対して、加舎地区の還幸祭は夫婦神の小旅行の神事です。
 近年は毎年10月の日曜日に行われます。大人も子供も一緒になって祭りを盛り上げるこのような祭りは、口丹波でも最近は減ってきて、神職と地区の役員と宮係だけで例祭を営むところが多いように思います。中にはどんどん見学者が減ってきているにもかかわらず、これが伝統だからと曜日に関係なく決まった日(例えば10月21日とか)に行っている地域もあります。
 しかし本来お祭りとは、五穀豊穣を神に感謝し、住民の安全・安心を氏神様にお祈りするもので、住民の多くが参加しないと意味がありません。地区住民の懇親を図り、活性化を求めるなら、加舎地区のような柔軟な考え方を参考にさせてもらうべきでしょう。
 子供太鼓がいつから還幸祭に加わるようになったのかは知りませんが、東西加舎地区の人たちの生きいきとした表情が、素晴らしいと感じました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク