シシウドとシラネセンキュウ

このページでは山野草のシシウドとシラネセンキュウを掲載しています。

FC2レンタルサーバーLite


 今、山地を散策すると、よく白い大きな花に出くわします。その中でもシシウドは多く見かける花で、草丈が1㍍以上のものも珍しくありません。


シシウド

シシウド(2012年9月中旬 京丹波町)


 このシシウドは渓流沿いで咲いていましたが、少し湿り気のあるような場所なら、特に川の近くでなくても自生できるようです。しかしセリ科の植物なので、やはりこういった渓流の近くで見る花の方が美しくて、似合っているように思います。


シシウド

シシウド(2012年9月中旬 京丹波町)


 シシウドは大きくて、イノシシが食べる大きさという意味で、この名前が付いたそうで、「独活」という名前の薬草でもあるので、食べても毒ではないようです。しかし山ではシシウドをよく見かけるので、イノシシがこの草を好んで食べているような感じは受けません。


シシウド

シシウドの葉(2012年9月中旬 京丹波町)


シシウド(セリ科シシウド属の多年草)
 本州、四国、九州に分布。花期は8~10月頃。口丹波では9月上旬から中旬頃がピーク。
 シシウドは花が咲くまでに数年を要し、1度花が咲くと、種子を落として枯れてしまうのだそうです。だとすると、写真のシシウドは今年で寿命が尽きるということで、もう少しちゃんと写真を撮ってやれば良かった後悔しています。


 シシウドよりも、もう少し水に近く、もう少し山の奥まった場所にシラネセンキュウが自生しています。


シラネセンキュウ

シラネセンキュウ(2012年9月下旬 南丹市)


 シラネセンキュウは常に水が浸み出し流れている岩場で咲いていました。この場所は今の時期なら、1日に2~3時間程度しか日は差さず、半日陰以下の薄暗い所です。シラネセンキュウの近くでは、早くもミカエリソウの開花が始まっていました。また濡れた岩肌にはモミジチャルメルソウが多く自生しています。


シラネセンキュウ

シラネセンキュウとミカエリソウ(2012年9月下旬 南丹市)


 シラネセンキュウも開花が始まったばかりらしくて、多くのツボミが見られました。


シラネセンキュウ

シラネセンキュウのツボミ(2012年9月下旬 南丹市)


 何となくツボミから開花までの過程が判る写真が撮れました。


シラネセンキュウ

シラネセンキュウの花(2012年9月下旬 南丹市)


 シラネセンキュウは上のシシウドと同属の植物ですが、葉の形は随分と違っています。


シラネセンキュウ
シラネセンキュウの葉(2012年9月下旬 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



シラネセンキュウ(セリ科シシウド属の多年草)
 本州、四国、九州に分布。花期は9~11月頃。口丹波では9月下旬から10月中旬頃がピーク。
 葉が中国原産のセンキュウ(センは川、キュウは草冠に弓)という薬草に似ていて、日光の白根山で最初に見つかったから、シラネセンキュウという名前が付いたそうです。シラネセンキュウ自体は薬草ではありませんが、食することはできるようです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク