ヤブツルアズキ

このページでは野草のヤブツルアズキを掲載しています


 9月上旬、稲刈り直前の田んぼが広がる南丹市の農道では、赤、白、黄色そして紫の小さな花が満開でした。赤い花はマルバルコウソウ、既出のアカバナユウゲショウ、白い花はオモダカやマメアサガオ、紫はコナギとツユクサ、大型のクズなどです。そして黄色い花はクサネムにこのページで紹介するヤブツルアズキが多く自生しています。


ヤブツルアズキ

ヤブツルアズキ、ツユクサ、マメアサガオ(2012年9月上旬)


 ヤブツルアズキとマメアサガオは共にツル性植物なので、お互いにツルを絡め合いながら平面的に広がっています。中にはこれにマルバルコウソウとクズが加わって、4種がもつれた糸のように絡んだ場所もありました。

 ヤブツルアズキはその名前とは裏腹に、開けた明るい農耕地の片隅でよく見ます。大きさは1~2㍍程度で、ここで名前が出た他のツル性植物と較べると、一番小さな植物かも知れません。
 またヤブツルアズキはツル性ですが、これがアズキ(小豆)の原種と言われているようです。


ヤブツルアズキ

カヤの葉に巻きつくヤブツルアズキ(2012年9月上旬)


ヤブツルアズキ

ヤブツルアズキの花と葉(2012年9月上旬)


 農家の人にとっては、何でもない農地の雑草ですが、ヤブツルアズキの渦を巻いたような花はユニークで印象的です。そして晩夏から初秋の濃い緑の中で、この花の黄色は大変よく目立ちます。


ヤブツルアズキ

ヤブツルアズキの花(2012年9月上旬)


ヤブツルアズキ
ヤブツルアズキの花(2012年9月上旬)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ヤブツルアズキ(マメ科ササゲ属の一年草 ツル性植物)
 本州、四国、九州に分布。花期は8月中旬~9月下旬頃。生長の早い植物です。
 ヤブツルアズキのような小型のツル草は、背が高く伸びないので、農家に嫌われる雑草ではありません。持ち前の繁殖力の強さもあって、圃場整備されたばかりの農地にも早く進出してきます。これはマルバルコウソウ、マメアサガオやヘクソカズラのような他のツル性植物にも共通しているように思います。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク