熊野神社

このページでは南丹市園部町の熊野神社を紹介しています。

FC2レンタルサーバーLite


 園部町黒田の熊野神社は、船井郡三十三霊場の第三番、観景寺観音堂(曹洞宗)のそばに一の鳥居があり、そこから山の中腹に建つ社殿までの参道は、なだらかな上りの石段になっています。
 一の鳥居の手前には、害獣防止の電気柵と金属柵が二重に設置してあり、参拝するには、電気柵を潜り抜け、金属柵の扉を開けて入る必要があり一苦労です。黒田もまた、シカやイノシシによる被害が大きい地区のようです。

 鳥居のそばに愛宕山と書かれた燈籠と小さな社が祀られていました。


黒田の熊野神社

愛宕社(2012年8月上旬)


黒田の熊野神社

社頭  参道口(2012年8月上旬)


 鳥居を潜ると、すぐに上りの石段になります。


黒田の熊野神社

参道(2012年8月上旬)


黒田の熊野神社

参道(2012年8月上旬)


黒田の熊野神社

参道(2012年8月上旬)


 参道は植林された針葉樹に挟まれて、明るい日中でも鬱蒼としていて、気持ちよく歩けます。
 参拝した日は、至る所からヒグラシの鳴き声が聞こえ、低い木の幹を好むヒグラシが、不意に足元付近から飛び立つこともあり、結構楽しい参拝になりました。


黒田の熊野神社

参道にいたヒグラシ(2012年8月上旬)


 参道を上り切ると、二の鳥居が現れて、その先に大きな拝殿の建物が見えてきました。


黒田の熊野神社

二の鳥居(2012年8月上旬)


 二の鳥居を潜ってすぐの参道の両側に、大きな石が祀られています。それぞれに賽銭箱が設置してありましたが、どういった神様が祀られているのかは不明でした。


黒田の熊野神社

二の鳥居を潜ったところ(2012年8月上旬)


 山腹の神社ということで、境内はそれほど広くはありませんが、鉄板屋根の拝殿は大きな建物です。
よく見ると、本殿に向かって左側が拝殿で、右側は宮座の人たちのためのお堂(籠堂)となっていて、当社独特の建造物でした。また鉄板屋根の下は、茅葺屋根でした。


黒田の熊野神社

拝殿  建物の真ん中が通れるようになっています(2012年8月上旬)


 拝殿の左手に手水舎がありました。手水舎には水盤は無く、小川の流れを堰き止めただけのシンプルなもので、雨の少ないこの時期でも手を清めるには十分な水が溜まっていました。


黒田の熊野神社

手水舎(2012年8月上旬)


 拝殿を過ぎると、玉垣に囲まれた本殿覆屋がありました。


黒田の熊野神社

狛犬と本殿覆屋(2012年8月上旬)


黒田の熊野神社

一間社流造の本殿(2012年8月上旬)


 本殿は一間社の小さな社殿ですが、精巧な彫刻などは見応えがあります。


黒田の熊野神社

本殿彫刻(2012年8月上旬)


 熊野神社の境内末社は2社並んで祀られていました。


黒田の熊野神社
末社 左・八幡神社 右・厳島神社のようでした(2012年8月上旬)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



熊野神社
 住所: 南丹市園部町黒田岩谷24
 御祭神は素戔嗚尊。 天文四年(1535年)の創建と伝わります。旧社格は村社。
 とても雰囲気の良い神社です。神社の近くには冒頭に書いた観景寺(本堂は新築されたばかりです)や、3世紀前期から中期に造られたとされる黒田古墳(口丹波最古の前方後円墳)があります。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク