葛城神社

このページでは京丹波町の葛城神社を紹介しています。

ショッピングカート


 葛城神社の参道口に立つ案内で由緒を読むと、「貞観元年(859年)高岡小字平松に鎮座。応安三年(1370年)現在地に遷祀。元禄十五年(1702年)現在の社殿が再建された。」とあります。

 神社を訪ねると、参道は美しく整備され、石柱標識や石鳥居、鳥居前の狛犬や石燈籠などは、まだ新しい感じがします。おそらく案内板が立った平成十六年に境内の整備が完成したものと想像します。


葛城神社

石柱標識と参道 鳥居の先が境内(2012年7月)


葛城神社

葛城神社 社頭(2012年7月)


 鳥居の先に拝殿、その奥が本殿覆屋で、本殿の両サイドに境内社、一番左側の大きな建物は社務所です。


葛城神社

拝殿(2012年7月)


葛城神社

本殿(2012年7月)


葛城神社

本殿(2012年7月)


 社殿は一間社(流造)ですが、重厚な造りになっています。本殿に置かれた狛犬1対が印象的でした。


葛城神社

吽形(2012年7月)


葛城神社

阿形(2012年7月)


 葛城神社の境内社は多く、八幡宮・貴船神社・大宮神宮・厳島神社・愛宕神社・天満宮・稲荷神社・加藤麻呂神社・八坂神社の9社あります。


葛城神社

境内社(2012年7月)


葛城神社

境内社(2012年7月)


葛城神社
境内社(2012年7月)

葛城神社

葛城神社 境内(2012年7月)


 葛城神社の例祭は、毎年10月17日に近い日曜日に行われています。葛城神社曳山巡行と呼ばれるこの例祭には、辻・中村両地区から太鼓山、笹尾地区から囃子曳山、中村地区から造り山、下村地区から船山、そして鎌倉地区からは御殿山が賑やかに繰り出し、勇壮な祭りとして近隣では有名です。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



葛城神社
 住所: 船井郡京丹波町口八田宮ノ本13
 駐車スペースはあります。
 御祭神は一言主(ひとことぬし)命(大和葛城神)で、素盞鳴(すさのお)尊の御子とも伝わる神様です。
 旧社格は村社。
 口八田地区は南丹市園部町から、国道9号線の観音峠を越えるとすぐのところにある集落です。山を隔てて園部町の摩気神社に近く、古くから関係が深かったことを示す史実が多く残されているそうです。
 葛城神社曳山巡行は京丹波町の無形民俗文化財に指定されています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク