ヨツバヒヨドリ

このページでは山野草のヨツバヒヨドリを掲載しています。


 以前、と言っても相当前になりますが、当ブログでヒヨドリソウ(ヒヨドリバナ)を掲載しました。そのヒヨドリソウと同属で、花だけ見ても見分けがつかないほどそっくりなのが、ヨツバヒヨドリです。


ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリのツボミ(2012年6月下旬 右京区京北)


ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリのツボミ(2012年6月下旬 右京区京北)


 2つのヒヨドリの違いは、葉の付き方で見分けます。ほっそりとしたノコギリ葉2枚が対生しているのがヒヨドリソウで、4枚が輪生しているのがヨツバヒヨドリです。しかしヨツバヒヨドリの葉は、4枚とは限らず、3枚のものがあれば、5枚以上のものもあるそうです。
 京都市右京区京北の山間部で見たものは、すべて輪生する葉は3枚のものでした。後に南丹市美山町で見たものは4枚ありました。

 ネットでヨツバヒヨドリを調べると、「高原の草地に生える」という記述が複数あったり、高山植物に分類されていたりします。
 口丹波で見られるヨツバヒヨドリは、それらの環境とは少し違ったところに自生しています。高原の草地ならきっと日当たりは良いでしょうが、口丹波では谷間の日陰から半日陰を好んで生えているようで、また大きな岩の僅かな隙間に根を張って、1㍍を超える巨体が風で大きく揺れる様は、とても不安定に思えます。そして標高の低い山しかない口丹波の山地の山麓で多く見られます。


ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ(2012年7月下旬 右京区京北)


ヨツバヒヨドリ
ヨツバヒヨドリ(2012年7月下旬 右京区京北)

 この小さな群落も、道路沿いの法面でみつけたものです。草丈は殆どのものが1㍍を超えていました。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ヨツバヒヨドリ(キク科ヒヨドリバナ属の多年草)
 四国の一部と近畿以北の本州、北海道に分布。ヒヨドリソウ(ヒヨドリバナ)の変種ということです。
 花期は7~9月頃。
 ヒヨドリソウは口丹波に広く自生していますが、ヨツバヒヨドリは少し深い山の涼しい所を好みます。

 ヒヨドリソウ及びヨツバヒヨドリはホームページで販売しています。
興味のある方はホームページ「三枚山の植物」までお越し下さい。 


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク